スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンガポール旅行記3日目(その2)

2005年10月21日 21:50

大きいマーライオンのあとは、その後ろにある小さいマーライオンに挨拶。アップで写真を撮ったら、どちらがどちらかがあまりわかりません。

小マーライオン


このあと、どちらに行くか。行ったことのないチャイナタウン方面を訪れるのにも便利な場所でしたが、夫があまり乗り気でないようだったので、これもシンガポールに来たら一回観ておくべき(?)ラッフルズホテルへ行くことにしました。

ガイドブックにのっている観光ポイントを回りながら進みます。フラトンホテルの横から川を渡って、ラッフルズ郷上陸記念の地。ラッフルズ卿の像。リバーボートの乗り場もあったのですが、雨が降っているにもかかわらずやっぱり乗船している人っているもんですね。なぜか黒いゾウの像があったので写真に撮りました。

ゾウの像


ラッフルズホテルに到着し、まずはラッフルズ・ホテル・アーケードへ。ここへ前にも来たことがあるので、お手洗いがあるのが分かっていたのですが、なぜか見つかりません。ですが、よーくみると上品なドアのなかにそれらしきものが。さすがラッフルズホテル、下品にここがお手洗いだと標示してないんですね。

ブランドのお店には用はなかったので、ホテルグッズのラッフルズショップ(だったかな?)へ行きました。さすがここにいるのは日本人ばかり。高級じゃなくても「ブランド」のお土産って、うれしいものね。(私も日本人だなあ)

ここで、紅茶やチョコレート、パインジュースを混ぜてライムをしぼればシンガポールスリングになるというプレミックスなどを買ったのですが、前に売っていたチョコがない。おしゃれな缶に入った3センチ角ほどの平べったいのが20枚くらい入ってたやつなんですが。もう売ってないんですかね(誰かご存じないですか?)。レジのお兄さんに聞こうかなと思ったけど、私の英語力では、大量のお土産を抱えたお客さんの列をさばく手を止めてしまいそうなんで、やめました。(^-^)
ラッフルズチョコ
(これしか売ってなかったんですけど)

ホテルのロビーを見学して、今度はここに泊まるぞと決意(?)のあと外観の写真を撮りに外へ。ドアマンのおじさまはショップに売っていた人形そのままのひげにターバンでした。

ラッフルズホテル

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ginpei.blog14.fc2.com/tb.php/99-3ff2c429
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。