スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本体操競技選手権大会(個人総合の2)

2005年10月19日 23:02

(旅行記を書いていたためか、ポイントを絞ったシンプルな書き方がどうしてもできません。内容薄くやたら長いだけのものになりそうです…。そういえば、シンガポール旅行記も途中だった)

種目別はやはり男子が観たかったので、もともと個人総合は女子側で観戦のつもりでした。
少し落ち着くと、この席は仙台大学の応援団のそばだということがわかりました。それと、(試合が始まってからですが)上のほうから「けんすけ-」とか「冨さん、ガンバー」とか聞こえるので、順天堂大学の応援団も近そうです。

観戦の経験があまりないので、席に座っても練習(アップっていうんかな)中の選手の姿をゆっくり見る余裕なんてありません。とりあえず、ぼーっと眼を下にやるとあん馬あたりに逆三角形の身体のお方の姿が。塚原直也選手だっ。それほどパワーあふれるっていうふうには見えませんが、とりあえず元気そうです。始まるまでにおにぎりをパクつきながら再び選手に眼を向けると、あん馬で鋭い旋回をする選手が。…冨田洋之選手でした。えらく体操選手にしては大きな人だなと思うと、水鳥寿思選手。とよくメディアに登場する人しかみつけられない状態です。その他、日体大の個性的なTシャツが目に入ります。

女子の方に眼をやると、あの編み込みにリボンは佐原礼香選手だ。みたことのあるユニフォームは山本さとみ選手と緑のは黒田真由選手。朝日生命体操クラブの選手達は同じユニフォームなのでまだよくわかりません。女子は試合時間が早いので、もうユニ姿なんですね。

さて。

個人総合は、女子の演技が始まってしばらくしてから同時に男子も開始されるので、順番どおりになんて書けそうもない。ので、まずは、女子の演技で印象に残ったことを書こうと思うのですが、実は、この席演技がよく見えない~

まず、跳馬が全滅。それと、席が端っこすぎて反対側にあるゆかは首を伸ばさなくては見えません。なので、主に観るのは段違い平行棒と平均台だけになりそうです。

それだけでなく、なんと悲しいかな応援団のところに来てしばらく話している上腕の筋肉の発達した方々(本日の出場者ではありません)でゆかのほうが見えない時もありました。その後も、手すりにもたれてみているおそろいのTシャツのどこかのクラブの少女たちで視界が半分さえぎられるわ、完全に眼の前に立ってる高校生(でも、体操関係ぽい人)はいるわ(これはさすがに近くの中年ご夫婦が注意をされましたが)。通路を通る選手や役員で見えないっていうのも時々。

一番悲しかったのは、先ほどまで応援していた、試合が終わって上がってきた選手で、男子の演技が見えないことなんかもあったりして。(もちろん、長い時間でははなかったことは、選手たちの名誉のために書いておきますが。)

なんてことがあったので、ただでさえこのあたりの一般客の少なさに少し居心地の悪い思いをしていた私は、もういいか今はとりあえず雰囲気を味わっとこうと、誰も演技をしていない男子のゆか付近に双眼鏡を向けてました。森赳人選手がいたので、双眼鏡のピント合わせの目標物にさせていただいていました。(笑)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ginpei.blog14.fc2.com/tb.php/97-3b8d3f20
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。