スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神タイガース優勝とちょっとした思い出

2005年09月30日 23:13

2005年9月29日 阪神タイガース2年ぶりの優勝。
いやあ、次に阪神が優勝するのを見られるのはきっと20年後だろうと思っていたら、こんなに早くその日が来ようとは。これからは常勝軍団阪神となるんでしょうか?(まさか)

岡田彰布監督が胴上げされているシーンを見て思い出したことがあります。

1992年中村勝広監督に率いられた阪神ナインが、後に暗黒時代(もうちょっと後の時代を指すのかも)といわれたこの頃、唯一度だけ、もう少しで優勝というところまでいったんでしたよね。そのシーズンの天王山と言われた試合で、とにかく詳しいことは忘れたけど、湯舟敏郎投手をここぞというところで起用し、とにかく打たれて負けて、そのままそのシーズンは優勝を逃したと記憶してます。
その日のスポーツニュース。小学校3年生くらいの阪神ファンの男の子、インタビュアーにマイクを向けられて泣いてます。
「…ぐすっ。あのなー、湯舟が打たれてん。(涙)」
それを見た私、(うんうん、くやしいよなー。でも関西のおっちゃんたちは、君の何倍も悔しい思いをしたり、後一歩でいいとこまで行ったのにっていうのを見てきたりしたんだよ。そんなに泣いてるけど、まだまだこれからもこんな思いたくさんするよ。がんばれ。)と少年に心の中で語ってました。

今は青年となった彼はどうしているでしょう。野球よりサッカーが好きになってるかな。もしかして、日本にいなくて阪神の優勝を知らないなんてこともあるかも。

それとも、昨日甲子園で六甲おろしを歌っていたでしょうか。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ginpei.blog14.fc2.com/tb.php/74-e0f1de53
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。