スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと前のジャンクスポーツ

2005年09月08日 23:19

ちょっと前のジャンクスポーツのお話。

録画していた陸上の世界選手権、やっと見られたんでそのついでに、6月くらいから録画していたジャンク、消す前にもう一回さらっと見直しました。

スキーアルペンの「ぶっちゃけ天才」佐々木明選手が出演してた回が、残ってたんですよね。
もともと、こういう自信あり系の選手って決して好きにならなかったのですが、去年の秋頃のこの発言以来、なぜか気になっています。

2005アルペン世界選手権もがんばって録画して観たし、NHKでやっているドキュメントスポーツ大陸でとりあげられたときも楽しみに見たんですよね。
スポーツ大陸では、前へ前へととにかく攻撃的なスキーをする佐々木選手、少しだけ成長した姿が伺えるというような感じで描かれていたけど、この回のジャンクも前に比べたらちょっとおとなしかったのは、大人になったからなのかなあ…(^-^)アスリートたちのナイショ話を読むと、いろいろ言われたのだろな~と推察できますが。

スポーツ選手が本業以外でメディアに出ることをあまり良しとしない意見もあると思うけど、私みたいな例もありますから。アルペンもノルディックも、全部じゃないけど世界選手権録画して観るなんてことしましたもん。(佐々木選手、途中棄権で残念でした。)

スピードスケートの加藤条治選手。
浜ちゃんから、「おっちゃん、○○やったらほっとかへんで」とか言われてるし。
○○やったらは(笑)知らないけど、肌もつるつるで若い~。

DVDレコーダーから、もう消そうかなと思ってたけど、トリノオリンピックまでおいておこうかな。

別の回ですが、体操の水鳥寿思選手。
最初に見たときは、天然ぶりがおもしろかっただけなのですが、再度見ると「毛の話」の時に、自分は今は下手くそな選手とは違いますという、ほのかな自信がうかがえますね。このあとにちょうどNHK杯があったわけで、その活躍ぶりを予感させるかのような。あ、そういえば、これはジャンクの御利益?

「夢の話」もおもしろい。HP10000って、RPG好きの私としては一番受けた話なんですが、これって敵むっちゃ強すぎ!でも、「勇者ヒサシ」よ。このHPなら、ラスボスではあるまい。

ジャンクスポーツって、
吹くか語るかボケるかということができる方が、よくお呼ばれしてるみたいですが。

吹くっていえば、佐々木選手とか、柔道の野村選手とか。
語ると言えば、パンチ佐藤さんとか。
ボケ(天然系)といえば、マラソンの千葉選手とか、メッツの石井投手とか、水鳥選手もここに入れられそう。また呼んでもらえるかなあ。世界大会で活躍すればあり得るかもわかりませんねえ。

このあとの回で、フィギュアスケートの織田信成選手も登場。
織田信長の末裔っていうことばかりクローズアップされていて、本人がどんな人なのかなと思っていましたが、さすが関西人の兄ちゃんらしいノリでしゃべってました。トリノの代表が誰になるか楽しみだなあ。

フィギュアスケートは昨年の秋にDVDレコーダーを購入して以来、ものすごくたくさん録画しちゃって全然見られてないのです。見る時間あるかなあ~。(ははは)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ginpei.blog14.fc2.com/tb.php/61-95e8edb3
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。