スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッドカードのおまけ付き

2005年08月14日 16:38

7月30日(土):西京極スタジアム

京都パープルサンガ vs モンテディオ山形 戦に行ってきました。

観戦記書きま~すと言いたいのですが、実は私、サッカーを観るのはあまり得意ではないのです。ルールもわかっていないし(オフサイドもはっきりわからん)、同じチーム球技だと野球の方が見慣れているため、45分間集中できないのですよ。(汗)

それとですねえ。
私はいつも、応援しているスポーツの勝利の女神ではないのです。いろんなスポーツ観戦(TVを含む)で、その疫病神ぶりを発揮してるのですが、以前に何回か観戦したサンガ戦でも一回も勝ったことないので、サンガファンの夫から観戦不許可が出てました。(笑)

ですが、いきなり友人から「その日『ゆかたDEサッカー』やってるんで、一緒に行きませんか」とお誘いが。浴衣を着ていったら、Sバック席が500円で入れるってやつです。私の疫病神ぶりを正直に申告しましたが「そんなので負けるようなら、本当の実力ではないと言い放ってくれ」とのことなので、行くことにいたしました。

当日、ファンクラブのテントがある辺りで、待ち合わせ。サンガの選手の顔写真のパネルがありましたが、美尾選手ってこんな顔だっけ?確かさんまに似ていていたような気がするのに、口を閉じてるためえらく男前に写ってますね。(…ふふん、結局こんなことしか書けないのよ)やってきた友人はなかなか可愛い浴衣姿、とても若く(!)見えるわ。彼女は、サッカーはサンフレッチェ広島、野球は楽天のファンのようで、関西圏のみならず、広島、名古屋、千葉などに遠征する強者。今度仙台に行くとかもう行ったとか。

一緒にスタジアムに行った夫とは、入場口で別れて私たちはSバック席に。前に行ったときはしばらくたってもガラガラだったのに、徐々にお客が増えて来るじゃありませんか。最終的に入場者数9721人。一万人にプレゼントのタオルは余ったようですが、結構な人数です。これは京都市役所ご一行様600人が効いてるんでしょうかね。(笑)

試合が始まりましたが、なんかこれといって決め手がないまま前半戦も中盤に。前半20分くらいに、自分がぼーっとしているうちに、山形に得点されてしまいました。そのあとも、サンガ側がゴールネットを揺らしたと思ったら…サイドからだったり。シュート!ああ残念という感じですすんでます。

ハーフタイム。
新しい応援歌のタイトル発表と曲のお披露目とのことですが、

「ダイナミック サンガ!!」

…ってビックリマーク2つついてるわりには、全然ダイナミックじゃないんですけど。
それだったら、チアリーディングの社会人チームのパフォーマンスの、人を宙にとばすやつ(なんていうのかな)の方が、よっぽどダイナミックだったです。

後半も、いいところたくさんあったのに、得点できず。試合終了間近もロスタイムにも怒濤の攻めだったのに、入ったっと思ったら外からだったり山形の守備に阻まれたり。結局、すかっと気持ちいいシーンには遭遇せずでした。

京都パープルサンガ 0 - 1 モンテディオ山形

試合そのものについて、全然まともに書けないのが残念。審判が何をジャッジしたのかもよくわからないし。
パウリーニョ選手がレッドカード出されたときも、そんな悪いこと(!)した?って感じだったのですが、これは家でビデオで確認してもそこまでの行為はなかったように見えたのだけど、違うのかな。

いやあ、やはり今回も勝利の女神になり損ねました。

友人曰く(後輩なので、ちょっと敬語)
「でも、ぎんぺーさん、さすがですね。好調のサンガだというのに試合は負けるし。それどころかパウリーニョのレッドカードのおまけ付きですよ。」
「はあ…」

帰りに夫に、「おもしろかったけど、よくわからないのが悔しいのでルールとか知りたいけど、まず、何から覚えたらいい?」と聞くと
「選手の名前と背番号からかな」と。
確かに私の場合はそこからかな。(そうでないと、だれがどうしたと観戦記の書きようもないんで)

友人は、今はサンガでは「加藤大志くんがお気に入り」とのことだったんで、ビデオを見返したら、可愛い顔をしてるし試合でもよい動き(これは実際観戦してもわかりましたよ。)だったので、私もお気に入りに入れることにしました。まあ興味を持つきっかけとして選手から入るのもありでしょう。(自分で言うなって?)
そういえば、前は、キーパーの松永成立さんに注目してた覚えがあります。今はサンガのコーチをされているんですよね。双眼鏡で「あれじゃない?」と言われたので探したのですが、違ったみたいでした。


また、観戦に行きたいとは思ったので、
このブログがずっと続くとして、 サッカーを全然わからない者が、多少覚えていく記録になればいいなあと思うのでありました。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ginpei.blog14.fc2.com/tb.php/41-c75f64c2
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。