スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マンマ・ミーア」大阪公演

2005年08月09日 00:24

いやあ楽しかったです。

チラシなんかに書いてある「ハッピーになれるミュージカル」って言うのは、本当だと思いました。こう、見終わってものすごく心地良いっていうのかな。観ようかどうしようか、迷っている人がいたら、ぜひみてください。また、ミュージカルをあまり見たことがない人にもお薦めかも。

ただ…
ABBAのナンバーのみ(ですよね)で綴るお話なので、始めに唄ありきという感じになってしまうのが、唯一残念な気がします。オリジナルのナンバーを持っているミュージカルだったら、その時の登場人物の心情や人間関係を唄で表す時のメロディが、ものすごく心に残るのですが(とは、限らないものも多いかな)、「マンマ・ミーア」の場合は、ABBAの曲の何とかだ~って、思ってしまうかな。少し。


私の行った日のメイン出演者

ドナ・シェリダン  早水小夜子
ソフィ・シェリダン  五十嵐可絵
ターニャ  前田美波里
ロージー  青山弥生
サム・カーマイケル  渡辺正
ハリー・ブライト  飯野おさみ
ビル・オースティン  松浦勇治
スカイ  田邊真也
アリ  八田亜哉香
リサ  宮崎しょうこ
エディ  川口雄二
ペッパー  丹下博喜


私、(前にも書きましたが)特に劇団四季について詳しいわけでもなく、また全然事前学習(笑)をせず、宣伝を兼ねたテレビ番組をみただけなんですよ。

で、ロングラン公演なら(あるいは、四季の公演なら(?))当然であろう、キャストがこんなたくさんいるということは知らなかったのです。

というわけで、ドナ役はテレビでもメインに紹介されていた保坂知寿さんだとばかり思っていました。ので、あら違うのねという感じでびっくりしました。といっても、保坂さんは四季の俳優さんで唯一名前を知ってるというくらいですが。(前に観たのはどんな役だったっけかな?)

あ、もちろん早水さんのドナもよかったです。
声に微妙な迫力もあり、かわいさもありという感じで。

ソフィの五十嵐可絵さん。キュートな歌声が役柄にとてもマッチしていると思いました。高い声のところが、澄んでいてきれい。でも、実際この方の声自体は少し低めですよね。私、もともと低めの声の方のほうが好きなので、なかなか気に入りました。

なんと言っても、前田美波里さん。
テレビでは、彼女は出演されてなかった(と思う)のでターニャ役とは知らなかったのですが、あの舞台の上での存在感といったら。うう、あの長身と独特の声、それに見事な広い(失礼)背中に惚れてしまいました。

このミュージカルのナンバーでいえば、マンマ・ミーアが一番よかったです。
メインとアンサンブルとの絡みにもじわっと涙が…(;。;)

私、ABBAの唄で青春を過ごした~という世代ではありませんが、残念ながら(?)、リアルタイムで覚えてはいます。そのころより後だと思うけど、ベスト盤を買ったことあるんですよね。なので、いくつかの曲を覚えているんですが、(なので上に書いたABBAの唄だ~が先に来てしまうという感想になるのかも)マンマ・ミーアは知らなかったんですよ。だから、より新鮮で心に響いたのかもしれません。

ダンシングクイーンチキチータくらいしか覚えてないかなと思ったけど、DOES YOUR MOTHER KNOWTAKE A CHANCE ON ME好きだったあとか思い出したり。 唄って踊り出したくなったり。

最後もまさにハッピーエンドで、気持ちよく劇場を後にしました。


…あと、まあ当然思うことですが
ABBAのアルバム買おっかなあ~☆
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ginpei.blog14.fc2.com/tb.php/39-36963d68
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。