スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィギュア四大陸選手権

2008年02月20日 13:40

放送は、こちらの地域では女子のフリーの日しかなかったんです。

なので男子は、すぽるとで高橋大輔選手のFSのみフルで確保。ライサチェク選手とバトル選手(中庭選手+小塚選手も一瞬)のFSはいくつかのジャンプとフィニッシュシーンくらいという超抜粋でした。
高橋選手の演技、結果を知って観たので、その瞬間はそれほどおおっと思わなかったのですが、後でゆっくり観ると。(当然)すごい。
全て素晴らしかったけど、まずはジャンプの構成・出来が気になったのでチェックするためISUのサイトへジャンプ。

4T 4T-2T 3A 3A-2T-2Lo 3F-3T 3S 3Lo 3Lz

すごい構成!
ループジャンプが少しミスしただけ(私には、オーバーターンに見えましたが合ってる?)で、あとのジャンプは加点もすごいですね。

もちろんジャンプだけではなく、うん今回の演技、スピンに印象ありです。がスピードもポジションも良かったですね。
そうそう、ステップもキレとスピードがあって、でもそれほど力が入りすぎない感じでまだまだ上に行けそうな気がします。

あ、SPの白鳥も良かったようですが、ニュースで一瞬だけ目撃しただけなので何も記せません。
女子の放送日にやってくれるかと期待していたのですが。なし、でした。


女子の演技は録画したけど、時間がないのではっきり観てません(流し見)ロシェット選手良かったですね。
浅田真央選手が、クリーンな3A決めてましたね。
調子を合わすことって難しいとは思いますが、このまま進んで世界選手権では(確か)昨年から続いている高橋&真央の成績のシンクロ、一番高い表彰台へ続くといいなあ。



ちょっと、間が抜けてますが(偏った)感想でした。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ginpei.blog14.fc2.com/tb.php/387-4dfcb519
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。