スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミュージカル「オペラ座の怪人」

2008年02月04日 12:41

またまた鑑賞記。
土曜日に何度目かの「オペラ座の怪人」行ってきました。

怪人          佐野 正幸
クリスティーヌ     佐渡 寧子
ラウル子爵      岸  佳宏
カルロッタ       諸 英希
メグ・ジリー      宮内麻衣
マダム・ジリー    秋山 知子
ムッシュ・アンドレ  寺内 真実
ムッシュ・フィルマン 小泉 正紀

前回(5月くらいに行ったっけ)と同じ、佐野さんの怪人。
前回も声が気に入りましたが、今回も低さ、甘さ、響き全てがそろっていて聞き惚れてしまいましたよ。

四季の俳優さんで数少ない名前の知ってる佐渡さん。
歌い出してからの声のきれいさ、うまさはさすが。でも、もしかして、地声は低い…?
あたりまえですが、貫禄があったのでクリスティーヌの初々しさは少し感じられなかったかあ。逆にドン=ファンのシーンでははまってたと思います。

岸さんの声はラウル子爵のイメージにあってるとは思いますが、もう少し甘め(高め)の声の方がいいかな。
あと、声があまり伸びない印象があって、少し残念。(えらそう!)

マダム・ジリーが前回と同じ人だと思っていたけど、違いました。

メグの声に前回の観劇記では、ちょっとダメ出しを(!)してしまいましたが、今回は私の好きな声の方で「エンジェルオブミュージック」のクリスティーヌとの絡み良かったです。


なんか声のみの感想で。(いつものことですが)

今回は、カルロッタとダブルオーナーのシーン・歌声(「プリマドンナ」?など)が気に入りました。カルロッタの声・歌すばらしいな。(なんかわざわざ書くことではないか)
本当に鑑賞する日・時期によって自分の中の感性のアンテナの立ち方が違うんでしょうね。

あ、なので今回の「ポイントオブノーリターン」は、高橋大輔くんの5連続ジャンプを思い出させ、ヘンに緊張したわあ(笑)

先日鑑賞した友人に聞いていた、ラスト近くの怪人の逡巡が何かに似てるという話。…まさに「カリ城のルパンとクラリス!」

そして、これも話に出たんですが、もう一度もどってしっかり指輪を返しにくるクリスティーヌに思わず「うーん、追い打ち。。。」

 

 

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ginpei.blog14.fc2.com/tb.php/383-7fce2f13
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。