スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚歌劇(雪組)観劇

2008年01月26日 20:29

久々の更新です。(なんか最近は観劇や観戦など実体験の感想ばかりで。まあ、ちょっと風邪気味だったとかもありますが)

何年ぶりかで宝塚歌劇を観に行きました。

ラブ・ロマンス 君を愛してる

ジョルジュ・ド・シャレット   水 夏希
マルキーズ           白羽 ゆり
アルガン             彩吹真央 
フィラント             音月 桂
アルセスト            鳳稀かなめ

宝塚らしい設定の、サーカスのブランコ乗りと貴族の恋物語。そんなに重くないハッピーエンドもので、次代設定もほぼ現代。
楽しかったけど、今度はグランドロマンって感じの重厚な演目が見たいなと友人と話しました。

ショーファンタジー ミロワール~鏡のエンドレス・ドリーム

衣装がすごく色とりどりで、きれいだったな。思わず楽屋は戦場なんだろなと、そんなことばかり考えていた私でもありますが。

両方合わせての感想ですが、
とっても久々の宝塚観劇だったので、最初は台詞・歌詞のチョイスやメロディ、衣装、振り付け全てに、少し昭和の香りを覚えて、ちょいとなじめず。
(宝塚ならではの大げさ感やキメ感はわかってるし好き。)
でも、ショーの終わりの方になるにつれて、だんだん楽しくうれしくなって顔がにやけてくるのが分かりましたね。
大階段から羽をしょって下りてくる彼女らを見たら「あー宝塚やー」みたいな。

残念ながらトップの水夏希さん、あまり歌がうまくはないですね
神父役の方(未来優希さん)が、歌うまかったなあ。アルガン役の彩吹さんが、男声で歌えてるな~という覚えが。誰かは忘れたけど、歌はうまいけど男役なのに女声で、残念と思いました。

女性陣、娘役トップの、白羽ゆりさんはいい声でしたね。
が、別の人はあまりいい声っとは思わなかったな。

私はミュージカルを構成しているものの中で歌が一番好きなので、ついそこに注目してしまうのですが、今回は歌に関してはちょっとだけ残念。

今までは、宝塚に詳しい友人に連れて行ってもらうことが多かったで、どの役を演じてるのが誰というのがよくわかったのですが、今回は、誰がトップなのかも分からずに(!)行ったくらいなので、あまりわからず。ちょっともったいなかったかな。

宝塚劇場が新しくなっていて、前みたいにホールに巨大な写真がデーンとなかったことにびっくり。(あれインパクトあって面白かったのに)
おみやげ屋さんも宝塚ならではの品物がたくさん並んでいる新しいものになってましたよ。レジ待ちがすごい列。
ベルばらのガシャポン!もありました。(こういうのが好きな友人に、やらないの?って聞いたら、確かそれ持ってるとか)


今度は、今回一緒に行った友人とよく(?)訪れていた競馬場に行くってのもいいな。
次は同じ宝塚行きの阪急電車に乗車して、「仁川」駅で降りるか。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ginpei.blog14.fc2.com/tb.php/381-69a20038
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。