スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫才アワードとトータルテンボスととろサーモン

2007年11月17日 23:44

MBS新世代漫才アワード。最初はとろサーモンとストリーク目当てだったんですが、結成年数や事務所にとらわれずにいろんなコンビが見られて収穫・収穫。
実は最初は決勝だけ見ようと思ったのですが、深夜にやっていた最終予選の時のドキュメントが非常におもしろかったので(でも、最後の数分しか見られなかったのが非常に残念)、急遽録画してその後にやっていた決勝進出を逃した28組の漫才を後日見たのでした。見た後消してしまったのですが、今残しておけば良かったなと思ってます。

まだ計り知れないトータルテンボス
決勝の(確か)一番目が、のろしVSトータルテンボスでしたが、実は、最初見たとき両方のコンビの漫才どちらもほとんど笑えなかったんです。一緒に見ていた夫がくすりともしなかったのを覚えてるな。

トータルの方は後で書きますが何度か見たらじわじわと面白くなってきたのですが、のろしは、何度見ても笑えない…(ファンの方すみません)。これなら千鳥が決勝でた方が良かったなあと思ったのが実感です。
まあ、彼らにはサンガ@LOVEをがんばってもらいましょうと思ったら、J2に落ちた今年はテレビ放送がなかったのね~。来年番組復活だ!と言いたいけど、うーん可能性は低いか。(夫に聞くとのろしの前はTKOがやっていたそうで。松竹枠なのね)

トータルはM-1グランプリの決勝に2回も出場しているので、たぶんすごく実力があるのでしょうね。(権威に弱い私)
何度も聞くとなれてきておもしろくなってきたのですが、とにかくあまり聞いたことのない関東弁漫才に最初はなじめなくて、それも普通の関東弁じゃなく藤田さんのツッコミの言葉に癖がありすぎるんで、ボケ(落として笑わすところ…ボケでいいんですよね)があっても笑う前にそっちにひきずられる~。(ハンパねぇ!)伏線も効いていてテンポもすごく良いけど、私にとってはまあまあおもしろいくらいのボケがたくさん繰り出される漫才だったんで、どか~んとはこなかったです。(数多くのボケを咀嚼する時間が必要なのよね。私には。)
なんか、まだ完全におもしろいモードに自分の中になっていないんで、他のネタも見たいなと思っていたら昨日のNHKのオンエアバトルに出てました。でも最後の数十秒くらいだったんでわからず。(ホテルの話?)次の機会にかけよう。

そうそう、大村さんの声がものすごくさわやかでいいですね。スキッとした関東弁なんで、関西人の私からしたらドラマやアニメを見ているような気にさせられます。

朝日放送のテレビ「横町によ~こちょ」に出演していたのは覚えてますが、出演期間が短かったせいかそれほど印象がないのが残念です。
なぜこの人達は花ちゃんの弟子になったのか?それがものすごく謎でそればっかり気にしていたかも。(初登場の時は見てなかったからですね)

酢昆布はだんだん味がなくなりますけど、とろサーモン
去年のお正月明けにやってたABCお笑い新人グランプリで、初めて見たすかし漫才に衝撃を受けました。他にエントリーしていた方達が誰だったかは全然覚えてないですが(いがわゆり蚊さんはいたかも)、彼らがダントツに面白かった記憶がありますが。

なので、改めて今すごく期待しているのですが、アワードのは、こちらは何度か見れば見るほど…おもしろくなくなってくる。最初の「ツッコミ覚えた」のあたりすごく面白かったのですが、だんだん尻すぼみになっていくなーと。言い間違えたりなんか変な間もありましたしね。
たとえばM-1決勝にに出ないかなーと思っているのですが、んーどうでしょう。


その他の漫才アワードの感想の羅列。

予選編
イシバシハザマ リズムは今も覚えているくらい印象的なんですが、そのボケがつまらなかったのが多かったなあ。
勝山梶 初めて漫才見ました。なんか麒麟を思い出させるような漫才だなと思いました。ボケの方が滔々と自分の世界を展開していて、…えっとツッコミが割と一本調子だなという。そうそう勝山さん、さすがにすごく声がいいですね。それも低い声も普通の声もかわいらしい声も全てが。
ビタミンS あ、NGKで前説やっていたのは彼女たちだったのね!
ジャルジャル 他で見たコントは面白かったけど、この漫才はあんまりでした。 
天津 (私が彼らの漫才をよく知らないだけだと思うけど)前に見たオタク漫才はいかにも萌え要素のある題材(お帰りなさいませご主人様系とか)を使っていたけど、サザエさんのオタクっていうのは私は面白くなかったなあ。(いやサザエオタクって言う方達は実際にいるでしょうが)
チーモンチョーチュウ おもろい。
鎌鼬 彼らの漫才も初めてまともに見られて良かったです。ぎりぎりで決勝に行けなくて残念でした。

決勝編
優勝したアジアンは一回戦の彼女彼氏ネタのが一番面白かったです。で、2回戦・決勝のはあまり好きでないです。$10と対戦した時は彼らの方が上だと思ったし、決勝はハリガネロックが一番面白かったと思います。あんまりどか~んと笑わないかなあ。
あ、なんか気に入らないような書き方をしてますが、アジアン好きですよ。特に馬場園ちゃん、うまいし可愛いしいいわあ。

スマイルは予選一位ってびっくり。初めてまともに漫才を見たけど、よしたかくんの方が下手だと思ってたらツッコミの瀬戸くんの方が、なんていうか素人くさい感じ(きつい感じに書いてしまった、いい表現が見つからないので)がしました。
この6月にNGKにいったとき向かいの本屋でコミックヨシモトの宣伝をしていたわ。私はまだよく知らなかったので夫がウーイェイとうるさいなと思ってましたが。でもそのコミックももうすでに廃刊とは、決断早すぎるで~吉本さん。

一番最近行ったNGKにも確か出演していた$10。そのときもなかなかいいやんと思っていましたが、私、年齢的にもこのあたりの方のが一番面白く感じるようです。
必殺ネタと怪談ネタどっちも面白かったです。繰り返しが鼻につかないあたり、うまいなーと思います。決勝にいっても良かったのに。

キャン×キャンVSオジンオズボーン。たぶんキャン×キャンの方がレベルが上だろうなと思いましたが、なんかオジオズのほうがおもしろかったです。この辺は若い子と同じ意見?

そうそう、なんで藤崎マーケットのララライに合わせて手拍子なんやー?!トータルの「プロポーズ」になんで(きゃー)そんな反応する?
そう、全体を見ての一番の印象は、さすが高校生の感性は私とは違うわってことです。(当たり前だ何歳離れていると思ってるんだ)

この番組だけでなくお笑い系の番組を見ていて思うことですが、どの芸人さんもそりゃ面白いけどさ、そんな手や膝をたたくほどおもろいか?(お、本質に迫るクエッション)私、面白いものは好きだけど、家でテレビ見ててもにやにや、クスッ程度ですよ。まれにハハハが入るくらい。はっきり言ってあれほど笑えるのって(まあ、生ならではの会場の雰囲気というものもあるでしょうけど)本当にうらやましいです。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ginpei.blog14.fc2.com/tb.php/361-10141a0e
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。