スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェイク・シマブクロ「my life」とライブ

2007年11月10日 22:11

ジェイク・シマブクロのこの夏にリリースされたアルバム「my life」を今聞いています。

ああ、ウクレレの音って心地いい。

ソロのものとバンドのものと両方が収録されていて、私のように初めて聞くものにはそのバランスが楽しめて、さすがベストアルバムという感じです。
以前にちらっと聞いたソロ演奏のみのものは(あまり興味がなかったのもあるかもしれませんが)、聞いているうちに多少飽きてきたようなところもあったので。

Ehime maru がいちばん気に入った曲です。
あとで題名を見て気がついたのですが、あの「えひめ丸」のことですね。事件自体は覚えていますがこの曲が作られた当時の状況は残念ながら知らなかったのですが、心にとても染み入りました。犠牲になった方達への鎮魂のメロディなんでしょうね。
そのあとすぐに収録された曲がああハワイらしいなあと思ったら Hula girl でした。
(映画は見てません)


なぜ上のアルバムを聴いているかというと、9月に彼のライブに行ってきたんですね。そのときの感想を少し。

夫が彼のアルバムを何枚か買っているようで(先日はいきなりウクレレを購入してきてビックリ。今はリビングの飾りとなってますが)、ライブチケットを売っているのを見つけてあげた私も急遽お供することにしました。なので、全く予備知識なしで行きました。

とにかく一言でいうと魂をつかまれました。
ウクレレというと、ハワイの風のようなゆったりとしたイメージ。
でも、最初の2曲くらいテンポのものすごく速い曲を演奏されてびっくり。
そんな超高速で弾かれたものを聞いたことはないし、音自体も弦楽器の中ではまる~い音だなあとのイメージを持っていたのに、彼の手にかかったウクレレから飛び出す音は、ただ熱い。
もちろん速いテンポのものだけでなく包み込むようなメロディのものも素敵でした。

たぶん今回のアルバムの中から何曲か演奏もされたのでしょうね。演奏されたものを覚えていられなかったのが残念です。
覚えているのは「テキーラ!」ってやつと「my heart will go on」。あと、日本の曲も数曲あったかなあ。

弟のブルース氏も途中で参加。
ウクレレでなくギターを演奏されたと記憶していますが。CSのハワイ番組などでブルースさんはよく見ますね。

片言の日本語と英語を交えたトークもユーモアのある暖かいものだったと記憶。
もし今度このような機会があればアルバムを聴いて英語の勉強をしとくともっと楽しめるでしょう。(比較的簡単な英語で話されていたので多少はわかりましたが)

後ろ3分の一がファン向けの販売でないところからチケットを購入してきた(私たちも実はそのクチ)お客さんと見えて、多少前席の方と熱さが違っていたかもしれないけど(おばちゃんが飴をガサガサ探してたりしてたりとか、彼が何を言っているのか?だったり)、最後にはほぼオールスタンディング。
私達も来て良かったね~とライブハウスを後にしたのでした。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ginpei.blog14.fc2.com/tb.php/358-a5d7988e
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。