スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電話の話

2007年03月10日 22:21

ひさびさにNOTEを。

私の職場には、ワンフロアに何十人もの働いている人間がいます。
で、ときどきかかってくる電話で困ることがあります。
「今、この番号から電話もらったって人からかかっているけど、○○さんに電話した人いるー?」って声がフロアに響く時です。(笑)
留守番電話ではなくナンバーディスプレイや携帯の着信記録に残った電話番号に、誰からかかったかわからないけれど、かけ直してきてくださった電話です。
で、こちらはかけた人間が必ずしもその時にいるとは限らないため、誰へつないだらいいかわからず返答に困ると。(ダイヤルインになってないので)

でも、何の躊躇もなく誰のところにつながるかわからない電話にかけ直してくるって方、案外いるんですね。ついワン切り詐欺にあわないかと心配になります。
私だったら、心当たりのない電話には決してかけなおさないけどなあ。。。


かと思ったら、「△△さんのお宅でらっしゃいますか?」と電話をしても、はいそうですと返事をしてくれずに逆に「どちらさんですか?」と冷たく言われることもあります。

電話のマナーって
「はい。(もしもし)」
「△△さまのお宅でしょうか?」(←間違ってかかってないかの確認の意で)
「はいそうですが」
「■■ともうしますが、×子さんいらっしゃいますでしょうか?」
だと思っていたけど、今はそうとはいえないのでしょうか。

もちろん、一昔前に比べると何が起こるかわからない世の中になって来ているわけですから、かかってきた電話に出るときに名乗らないのは最近の常識だと思ってますけどね。(私もそうしてます)

マナーも言葉も常識も日々変化するものなのでしょうね。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ginpei.blog14.fc2.com/tb.php/322-1e2b44bb
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。