スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メダリストオンアイス2006

2007年01月05日 20:24

あけましておめでとうございます。

年末の押し詰まった30日の昼の部のメダリストオンアイスを観に行って来ました。
全日本選手権のチケットが取れなかったので残念に思っていたけど、@ぴあに再び現れたMOIのチケットを急遽取っちゃいました。

なみはやドームは昨シーズンのNHK杯で行って以来でしたが、もっと大きい箱だと思っていたんですね。たぶんジャッジ側の席だったと思うのですが、後ろから数えた方が早いA席でしたが、結構良く見える!
既にショーモードの照明になっていてなんかわくわくです。左手のショート側のアリーナに舞台のようなものがしつらえてあります。

オープニングはシンクロの面々にジュニア代表と四大陸代表組が最初にペア(3人くらいも?)で登場。
で、テレビでも映っていたけど世界選手権組(含む村主) 生オケ生歌ボレロにのってかっこよく紹介されてました。

高橋選手、テレビ放送された夜の部は今シーズンのSPのヒラヒラ着き衣装だったのですね。昼の部はノクターンの黒衣装だったと思います。

テレビではハイライトになっていたけど最初はジュニアの鳥居拓史くんから。他の選手は演技が終わったあとの紹介・挨拶があったけど彼のみなかった。本人が忘れていたのか?アナウンス側が忘れたのか?

もう順番をはっきり覚えていないんですが、ぱらぱらと感想。

村元小月選手。シェルブールの雨傘を小道具付きでしっとりと。すごいな~ジュニアでも魅せますねえ。世界ジュニアでもエキシビやるもんな。

無良崇人くん。先日の全日本ジュニアの放送でも思ったのですが、昨シーズンの世界ジュニアの映像でみたときはころころしたイメージですが、なんかシュッとしてましたね。この年齢の成長は早い。ジャンプも高い。

水津瑠美選手、きれいなスパイラル印象的です。

全日本ジュニアチャンピオン町田樹選手。上半身がつかえる選手なんですねえ。(足元を見ることができない私(^^ゞ) これからが楽しみ楽しみ。

武田奈也ちゃん。(ちゃんって呼びたくなるよな)はじける笑顔、見てるだけで気持ちいい演技ですね。やっぱり大柄だな~。

クリス&キャシー・リード組
すごく華があって素敵でした。フィナーレで頭ひとつ背が高かったです。

中庭選手。なぜかあまり演技を覚えてない。悪い演技でもなかったはずなのになぜ?中庭選手、決して興味のない選手ではないのになぜ記憶が飛んでるのだ?

澤田亜紀選手。赤い傘を持ちながらは難しそう。ダブルアクセル連発は完全成功ではなかったような気がしますが、がんばってました。 

神崎選手。
噂にきいていた冬のソナタが見られて良かった~。凝ってますね。マフラーしてトリプルアクセル!ちょっと失敗?カン様~ってかけ声が上がってました。昼の公演では年配のご婦人に雪だるまを渡してました。

南里選手はフリーのプログラムと同じカルメン。全日本と同じくすごくキレのある演技で良かったです。
3位なのになぜここで滑るの?と思ったけど、世界選手権代表組と分けてあるのですね。

恩田選手は昨シーズンのフリーの青衣装だったような気がします。しっとりと良かった…はずですが、この辺りでトイレにいきたくなり演技に集中出来ず。ごめんなさい。

1部の最後はシンクロナイズドスケーティング。
こちらが期待するシンクロ度ではなかったのですが、すごい見応えありました。あの人数で合わせて滑るのは本当に難しそう。


ここでトイレ休憩(笑)
テレビ放送があったのはこの後の2部からでしたね。

確か、この部分で安藤美姫選手の欠場あいさつがありました。テレビでタッキー翼達がいたところで、西岡アナ?がインタビュー。本当に安藤さん、昨シーズンから話し方が変わりましたね。

そのあと幕が上がって、おお!ここから生オーケストラで演技ですね。荒川さんだけかなあと思っていたら全員だそうで。

本田さん最初に登場。生のアランフェスがすっごくよかったです。テレビ放送されたものはジャンプの失敗が目立ってたけど昼はそんなでもなかったですよ。

生でよかったといえば次に滑った村主選手のボレロ。競技用のプログラムと全く同じかどうかは私にはわからなかったけど、ルッツ・フリップ成功!最後まで気合いの入った演技、フィニッシュのポーズでちょっとほろりとしてしまいました。この演技が世界選手権で見られないのは本当に残念です。

実は生演奏だということは、この後の選手の頃には忘れていました。音響効果のいいホールでないためか、オケの位置のせいかあまり良くは聞こえなかったなあ。また、生で演奏するということで各選手のプログラムが限定されていたのが残念かな。

村主選手の演技に感動したけれど、このあとの実力で世界選手権の代表を勝ち取った中野選手の演技、この日も本当にきらきら光っていたなと思います。
話し方がしっかりしているところは好きなんですが、あのジャンプの癖が(巻足っていうの?)あまり好みではなかったのですが、生で観たら全然気にならないし、スピンは素人眼で見ても軸がしっかりしていて速い!

渡辺・木戸組。ワルツのようなプログラムも良かったのですが、アンコールの今季のFDの幻想即興曲が観られたのがうれしい。今季が最後なんですよね。目に焼き付けておかなければ。
そういえば、この組からアンコールあり。アナウンスが「…素晴らしい演技、もう一度みたいですよね」と拍手を煽ってました。なるほど、こういう感じか。

織田選手は、赤衣装のセビリアの理髪師。全日本での悔し涙が心に残ってますが、このエキシビの演技、全てがとても良かったと思います。
ちょっと生演奏が普段のアレンジと違って?滑りにくそうでしたが。

一番お目当てにしていたのは高橋選手。
先日より引き続きお気に入りというのもありますし、先日テレビで映画ムーランルージュを見たのでロクサーヌが観たかったんです。

もちろんノクターンのサーキュラーステップも見応えあったのですがアンコールのロクサーヌが途中までで。
こってりラーメンを食べにお店に入ったのにあっさりラーメンを出されたような気分?で少し物足りない気がしていたら、テレビではフルバージョン!それもすごくキレがあったではないですが。うーん夜の部に行けば良かったかな。
(最初の大転倒は4トーループ?友人と4回転だよな?と話してたんですが)

そういえば本田・高橋の演技などでは、リンクサイド席と上の方の席との応援の温度差が笑ってしまう。RS席ではキャー・スピンとジャンプでしか拍手が起こらないA席。私もどこで拍手していいかわからないというのはありますね。長~いイーグルなんかおおっと思うのですが。

テレビの都合か、なぜか織田→高橋→ここで浅田真央選手。
ハバネラはあまり好きでないのですが、アンコールでチャルダッシュのさわりを。競技用のプログラムを見られるのもお得感。
織田くんも、チャイコフスキーを少し滑ってくれましたよね。

トリは荒川さん。プロヴァージョンのトゥーランドットでゴージャスに。
イナバウアーのところで観客が大いに受けすぎるのが、ちょっと自分のなかでそこだけかよと照れくさくなるのが難ですが、なるほどな~滑りが少し他の人と違うね~と思ってました。
「すい~っ」ではなく「ぬー」というか。

せっかく生観戦なので、他の選手も「滑り」を観よう見ようとがんばりました。ああ人によって違うかな?くらいは思ったけど誰がどうだったかは思い出せないです。はい。
最近がんばっているジャンプの見分けも、生で遠いとほぼ無理でした。

フィナーレの演出が気に入りました。順に選手がでてくるところ、皆でつながって滑るところいいですね。
織田・中野急造ペアがスパイラルを見せてくれて、最後にスロージャンプ(一回転だけど)でびっくり。でもいいもの見せてもらったなあ。
高橋・浅田組はステップからの3A(←?まさか)高橋すっぽ抜けで真央ちゃんはたぶん成功。
荒川さんと本田さんは輪になって滑るところで抜け出して、荒川さんがオープニングでやっていた寝転がるみたいなのを見せてくれました。

ショーより競技会の方が好きだなと思っていたけど、すごく楽しかったです。照明が凝っていて素敵!日本選手だけだったけれどとても華やかでしたよ~。
オープニングとフィナーレは生でないと見られない感動でした!

男子応援ブック「カッティングエッジ」の先行販売?があったので買ってしまった(笑)
ちょっと読むのに辛いところもあったけど、記事も写真(←あまり興味ないけど)良かったです。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ginpei.blog14.fc2.com/tb.php/306-c112a763
    この記事へのトラックバック

    武田奈也

    武田奈也| 生年月日 = |出身地= 東京都|身長= 167 cm|体重= |コーチ= 岡島功治|振付師= |所属= 早稲田大学|引退= |合計 スコア= 134.88|合計 年= ISUジュニアグランプリ|2005 JGPクロアチア|SP スコア= 49.35|SP 年= ISUジュニアグランプリ|2004 JGP中国



    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。