スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「すっごい吉本新喜劇」

2006年08月27日 23:51

「すっごい吉本新喜劇」LA&JAPANツアーの初日、観てきました。

すっごく前の方かつ真ん中の席で座ってみてビックリ。今まのどのお芝居やコンサートを観に行ったときでも、これほどの良席はなかったです。

漫才は、

タカアンドトシ
陣内智則
トミーズ
オール阪神・巨人

の4組。(陣内くんは漫才ではないが)

実は最近のお笑い番組を全然見ないので、タカアンドトシって知らなかったです。(汗)漫才は面白かったですが。
陣内智則は、東京進出して人気あるらしいですが、こちらもテレビなど見ないので、まともにネタを見たのは初めてかも。クイズ番組ネタでした。
ベテラン2組は、さすがの間にテンポ。でも、どちらもあんまりお上品とは言えない(テレビ向きではない)ネタでしたね。アップで見たため、どちらも、特に阪神巨人のお二人が年をとったなあと思うことしきり。(つまり自分にもそれだけの時間は経ってるわけですが)

新喜劇は、なんか出演者が豪華で、一言でいうともったいなかったです。(笑)

新喜劇は久々の(?)藤井隆、レーザーラモンHG(私にとっては住谷くんの方がなじみ深いんだが)の登場時は、それぞれ歓声が大きくやはり人気あるのね~、となっとく。

普段の、役割の決まった芝居の進み方と違って、主役級の人が勢揃いのせいかそれほど持ちネタに時間が取れなくて、多少ぎこちなくさも感じたものでした。(後で、この回が初回と聞いてこれも納得)
木村祐一、千原兄弟の弟、宮川大輔…普段あまり見ない人たちが出てたのもあって、こちらも慣れない感があったかもしれません。

たとえば、未知やすえねえさんのキレネタも、シチュエーションが多少とってつけた風になり、動き回されたあと息を整える間もないためか、声の迫力がたりなかったような気が。(説教の内容は面白かったけど、東京のタレント嫁にした二人!とか)

でも、今田耕司、内場勝則の座長が、大きなネタをやるわけでなはいけど、一本筋の通ったお芝居にひっぱって行くところがさすがだなと感心。まあ、内場くん好きなんで。(藤井隆くんと合わせて「うっちー」「かっしー」とコンビネタ楽しかった)

後は、池乃めだかさんの生「もういい!」とHGの「生フォー!」が見られたのが良かったです。
あまり前の席だったのでHGのアップはちょっと赤面ものだったのだけど、ちょうど前のお客さんの頭で腰の辺りが隠れてたので良かった。ふふふ。

最後に全出演者で、新曲をダンスと共に唄い盛り上がり~。この辺の演出も含めて、新喜劇というより「普通のお芝居」に近いものを観たような印象です。

客席に(後でわかったんだけど)丸めた手ぬぐいを投げてたんです。もうちょっとでキャッチすることができたんですが、残念。
出演者名前入りの紫の手ぬぐいでした。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ginpei.blog14.fc2.com/tb.php/268-02b7b4a6
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。