スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都サンガ1-2ジェフ千葉

2006年07月30日 19:03

7月26日まで入場可のチケットをもらっていたので、期限ギリギリで、ジェフ千葉戦を観に行きました。

相変わらず、サッカーのゲームについて観戦記らしきものが書けない私なので、一言で言うと「前に観にいったときよりおもしろかった」って言うことで。

よく考えればもう夏休みのせいか、子供がとても多かったように思います。大人に引率されたグループって感じの子供が特に。13000人以上の観客が入ったらしく、確かに最終的に空いている席はほとんど見えなかったです。

最初に、星大輔(なんかいい名前ですね)選手が先制のゴール。
一緒にいった友人が、「久々のスタメンだからはりきってるね」とかって言ってたけど。近くに座っていた子供連れのおばちゃん(お姉さん?)は、星くんかっこいい♪と盛り上がっていました。

前半はそのまま1-0でサンガがリードして終わったけど、友人と「きっと後半怒濤の攻めで、点を取られるんだろな」と小声で予想。
そうそう、この友人サンガも好きらしいが、サンフレッチェ広島と森崎兄弟のファンらしく、ついこの間も日帰りで弾丸遠征してきたらしい。(一応私よりほんのちょっと若いけど、やるなあ)

その森崎兄弟も、佐藤兄弟も兄の方が好きらしく、この試合でも勇人選手に「お兄ちゃ~ん」とか叫んでましたわ。ついでだが「阿部ちゃんのフリーキックが観たかった」そうで。まあ私も一応、巻、阿部、佐藤の各選手を注目。

ハーフタイム。
抽選会がありました。その日はオムロンスポンサーデーだったので、香取慎吾くんで有名な?「カラダスキャン」か「けんおんくん」が当たるところだったのですが、残念ながらかすりもせず。まあ電子体温計は、この間風邪で熱を出したときに、水銀体温計をぶつけて壊したため(熱でふらふらなのに、転がる水銀玉拾うはめに(涙))、買ったばかりだったからいらないけどさ。

サンガは攻めているのにまったくゴールできず、決まったあと思ったら…オフサイド。何人かのファンは先取りで拍手してましたけど。
展開は覚えてないけど、1対1になったときもあったのに決められず。あれが決まっていたら5点は入ってたよ~と(多すぎ?)と思えるような攻めもあったのに。

巻誠一郎選手が後半、ゴールを決めると、周りから拍手と万歳ポーズがわらわらと。(え?)やはり、この人数の多さは巻目当てのお客さんが多いからだったの?って人のことは言えませんが。

同点で終わるかと思ったけど、ジェフのユニフォームが黄色だったのもあって、W杯のオーストラリア戦を思いだし、まだまだ安心出来ないなと思っていたら案の定、ロスタイムにも得点されるはめに。ここで頭で合わせ、2点目をいれたのも巻選手でした。

今日は勝ったから、ジェフの選手はサポーターに挨拶するとき前回りしますよ、って友人に言われたので、「え?全員で前方宙返り?!」と思ったのですが、いわゆるでんぐり返りのことだったのですね。あ~ビックリした。(負けたときは後ろ回りすれば面白いのに)


後日、その友人と会ったとき聞いた話。
当日私と別れてから、「カラダスキャン」が当たったのかそれを持ったおじさんを見かけたらしい。でも、本当もらって良かったねって言ってあげたいような、メタボリックシンドローム予備軍みたいな体型の方だったそうで。いやあ、ぜひこれからそれを健康管理に役立ててください!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ginpei.blog14.fc2.com/tb.php/258-9a5e13cc
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。