スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体操ファンでない人のNHK杯感想

2006年07月23日 20:10

なぜか、前に使っていたテンプレートに戻してしまった。カレンダーが一番上にある、好みのが他に見つからないかなあ…・

-----

今回、体操に興味のない人間を一緒に連れて行ってしまったのですが、どんな感想をもったかいろいろ聞いたら結構面白かったのでそれを書いておきます。

ちょっと、関係者の人が聞いたらむっとするようなことばかりかもしれないけれど、あくまでも、全く体操に興味のない人間が言ってることですから。と、いうかわざと面白く言ってるところ大!

まあ、こんなブログを御覧になっている関係者の方…自体がおられるとは思わないけど。(笑)


パンフを見て、「蠅のたかっていたのはこの人か?」と冨田選手を指さすので(ジャンクの話ですねえ、そんな印象しかないのか?)、この人でなくこの人と指そうと思ったら水鳥豪敏選手で、おっと違うと思い別の人を示すと水鳥一輝選手でした。(汗)斜めから写真を見てたら区別つかなかったわ(汗)

演技がすごいと思わないかと聞いたら、「なんかみんなが簡単そうにやってるようにみえるので、すごさがわからない。」らしいです。
確かに多少、そう見えるところもあるかも(笑) 私も跳び箱5段も跳べないくらいなのに演技を観た後なら、前転跳びくらい出来そうな気がします。

繰り返し尋ねてみました。
いくら弾むようになっているとはいえ、ただのゆかの上で人間があれだけ高く跳ねたり回ったりすることすごいと思わないか?
「あれは、日体大の一年生がゆかの下に入って、演技に合わせて下から押しているんだ」と。
各所属の下っ端が潜り込んでいるので、タイミングを失敗したら後でえらいめに遭わせられるらしい…。←面白かったので、すごく受けてしまった。

あん馬の端で360°転回を何度かする技を見て曰く。「なんかわたわた慌ててるみたい」

女子も双眼鏡で結構見ていたので、どう?と聞くと、「赤上げての旗ばっかり上がる」。
演技は見ていなかったのかい!でも、ラインオーバーの旗だったのはわかっていたみたいです。

応援について、「コナミと日体大の応援がうるさい。声援が邪魔にならないのか?」
私が、声をかけるタイミングってすごく難しくて素人はできないけど、プロ(?)はわかってるらしいよ、と言うと「他の演技者もやろうとしてるのに、集中の邪魔になるんじゃないのか?」とのこと。うーん?どうなんでしょう?DJや女子の床の音楽、アナウンスなどあるから、自分以外への声かけは気にならないように訓練されているのかも。

また、「各応援団の、「せーの」っていうのがちょっとまだまだやなあ。小学生ならいいけど大学生以上なら、せーのなしで決めてもらわんと」とのことです。(「せーの」って言ってましたっけ?)

結構「ひろゆきガンバー」っていうおじさんの声が目立ってたのだけど、「あれは親戚筋ですか?」と聞かれてしまった。
たぶんそんなところでしょう、と答えると「結構乗り出して見たはるなあ」。熱心さがそうさせるんですよ。

体操好きの人からすると、おいおい!でしょうけど、結構自分の中で新鮮な気分で見られる刺激になりました。 こんなことばかり、隣で言われるから”熱心モード”で見られなかったのかも。

また、夕食時にもこんなことを話していたのですが、そこへ某体操選手がご家族(?)とご来店。声が聞こえるような近くの席でなくてよかった(汗)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ginpei.blog14.fc2.com/tb.php/256-b2ba3159
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。