スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「赤い奇跡」とフィギュアの特訓

2006年04月13日 21:35

浅田舞選手が出演するというので、見ようと思っていたTBSのドラマ「赤い奇跡」。

結局、2日目にトータル20分くらいしか見られませんでした。残念ながら浅田選手が出演しているところは全く見られなかったです。
でも、番宣でみた演技を思い出すと、モデルならいいかもしれないけど、できればスケートに専念された方が…。
いろいろ葛藤はあるとは思うけど、まだまだ上を目指せる選手だと思いますし、手足の長さを生かした美しい演技をぜひ生で観たいです。

で、主役の深田恭子さんなんですけどー、確か本当は昔やっていた「赤い衝撃」のリメイクのはずが、どうみても陸上選手には見えないからとフィギュアスケートの選手役になったと聞いたけど。
(人のことは言えないが)あのぱんぱんのほっぺと二重あごと 身のこなしからは、フィギュアの選手にも見えなかったんですけどー。(可愛いけどさ)
まあ、メイクと衣装という他のスポーツにない飾り方が出来る競技と言うことで、”アイドル”が演じるのにうってつけと考えれられたのでしょうか。(と最近のフィギュア人気)

たかがドラマ(それもあのタイプの)に目くじらを立てることではないけど、多少フィギュアスケートという「スポーツ」をバカにしているような感が。

前に東京12チャンネル系(?)の番組で、水野裕子さんが全く経験のないところからペアで演技を披露するというところまでの特訓というのをやってました。あの女性芸能人一運動神経のいい?彼女をしても1ヶ月くらいでは、なかなかうまくいきません。

特にジャンプの特訓。にわかがテレビで観る試合なら、その演技構成に一回転ジャンプが入ってるということはまずないですよね。でも1回転サルコウの練習をみて改めて、ジャンプというのはそうそうできるものじゃないと感じたものです。

その番組の最後での水野さんの演技には感動しました。その直前くらいまでは、ちょっと通しての演技までは苦しいかなとテレビの前で思っていたのですが、メイクと衣装と音楽と照明とが伴うと顔つきまで変わり、練習でうまくいかなかった(っけ?)スピンやスパイラル、ジャンプも成功させ、レベルは高くないけど、ああ”フィギュアスケート”だなあと感じました。
まさに女優魂をしっかりみせつけられました。

まあドラマを撮りながらそこまでの特訓はなかなか出来ないでしょうけどね。


フィギュアのテレビ放送といえば、4月2日に大阪のなみはやドームで行われた日本代表組が出演したエキシビジョン。
行きたかったけどチケット取れなくて涙をのんだのですが、そのテレビ放送が4月8日の土曜日に関西テレビでやってたらしいです。放映があるというのは何かで知っていたので、2・3日新聞のテレビ欄を気にしていたのですが、日曜日にふっと前日の新聞を見たら、がーん。

職場の後輩がビデオ録ったと言っていたので、まだ持っていたら借りてみよう。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ginpei.blog14.fc2.com/tb.php/208-3b21f2e3
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。