スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そもそもなぜ体操競技を観戦しに行こうと思ったか1(オリンピックの思い出編)

2006年02月14日 23:30

冬季オリンピック真っ最中ではありますが、なぜかへそ曲がりに夏期オリンピックの話。

思い出感想文のひとつとして、体操の初観戦の中日カップのことを書こうと思ったのですが、その前に何故観に行こうとしたかについて…。

もともとオリンピックでは、好きでよく見る競技でした。

モスクワが不参加だったので、記憶にしっかりあるのは、ロサンゼルスオリンピックですね。
女子は、メアリー・ルー・レットン対サボーが印象深く、レットン選手のばーんと跳馬をとんで着地を決めて、にっこり…10点!っていう姿を覚えてます。
でも、サボー選手を応援してたので、まさにアメリカで開催の大会という自国びいき(に思えた)採点とか不満だった記憶が。
男子は森末選手など応援してましたよ。家族と、鉄棒の決勝でのフィニッシュで三回宙やってくれなくて残念などと話していましたね。
男子団体のメンバーが全員27・8歳で(?)、女子は若いのに男子はおじさんだな~と思ったりしたことも懐かしいです。

ソウルは、やはり高校生コンビの「池谷君」「西川君」が印象深いでしょうか。あ、水島宏一さんも。でも、このときは女子選手も結構人気あって、信田美帆・真田マキ子・瀬尾京子の各選手がトリオみたいな扱いをされていました。女子選手の名前をこんなふうに、一般の人が覚えられる日がまた来ないかな。
ソウルの後の全日本(?)の試合をテレビで観ていたのですが、ものすごいフラッシュの雨が演技開始前に降り注いでいたということがありましたね。

バルセロナは相原豊さんを応援していた記憶がありますが、やはり西川大輔さん、池谷幸雄さんがエース級?
この二人で演技以外で覚えているテレビでの映像といえば、西川さんは伸身(?)のゲイロードを練習している姿で(これがきまればメダルとか言われていたな)、池谷さんは高校生の時でしたが、彼女と電話している姿です。(笑)選手としては、どちらがということなく努力しておられたに違いないのですが、なんか今のお二人のイメージのとおりの記憶というのが、興味深いな(自分でも)

アトランタは、オリンピック前の畠田好章、田中光(ヒカルXとか、なつかしい)両選手の特集は記憶にあるものの、見ていたはずなのに演技の記憶が全くなし。やはり、メダルに絡まないとテレビも取り上げてくれないし、記憶というものは繰り返し映像を見ることによって固まるものなのかもしれない…。

シドニーは、やはり塚原直也選手が世界選手権での成績をふまえて、メダルなるかとマスコミに捉えられていたため、自分もそういう目で見てました。
でも、それほど細かい記憶はなくとにかく残念残念がふたつ続いたのですが、(まだメダルの可能性はある…)と最後の種目別で鉄棒での演技をどきどきしながら見守っていたら、
-落下-
結構ショックを受けて、しばらく鉄棒の競技は恐くて見られない思いでした。

外国選手は、女子の選手のほうが多く覚えていまして、男子でしっかり覚えているのはシェルボ、李小双(+李大双)、ネモフの各選手3人だけなんですよね。(やはり、基本的には女子が好きなのか)

で、一昨年のアテネにつながるわけですが。(もうそんなになるの?)
シドニーの翌年の全日本選手権で冨田洋之選手が塚原選手の何連覇かを阻止したという、新聞記事は良く覚えています。翌年も写真付きでのってていた記憶が。(たぶんどちらかはつり輪の写真)
で、アテネの前年の世界選手権での、日本チームの活躍は結構大きく取り上げられていました。鹿島丈博選手のあん馬と鉄棒の金メダルは、テレビでも映像を何度か見ましたね。なぜか、一緒に住んでいない実家の父と、日本人があん馬で世界一とはスゴイという話をしてました。なぜだ?

-----
書きたかったことへたどり着く前にまた長くなってしまった…。
”アテネ前夜”でいったん切ります。続きは、後日。
スポンサーサイト


コメント

  1. ぐら | URL | -

    not subject

    ぎんぺーさん。こんにちは。
    なつかし話し、交ぜてください。
    私も記憶としてはっきり残っているのがロス大会からです。
    団体戦の悔しさを大人は「アメリカは自国主催だから仕方ないよ」とボヤいていたのを覚えています。
    当時、女子をメインで見ていた私にとって、レットンVSサボーは女子の選手の中では本当に手に汗握るような気持ちで観ていました。
    ソウル大会の頃は「池谷くんと西川くん、どっちが好き?」なんて会話が出るくらい本当にすごい人気でしたね。
    アトランタ大会のときは体操男子に対してあまりにもマスコミのバッシングのひどくて、オリンピックを見るのがしのびなくなってしまって、シドニーオリンピックはほとんど見ませんでした。
    そしてアテネになった時には私は浦島太郎でした。

  2. ぎんぺー | URL | -

    どうぞ、どうぞ

    ぐらさん、いらっしゃいませ!

    おお、レットンVSサボーの競い合いを覚えてらっしゃいますか。やっぱり、とても印象深いですよね。
    私は覚えてないのですが、男子の団体戦でもちょっとくやしい展開があったのですね。

    私は確か「西川くん派」だったと思います。
    ぐらさんは、どちらでしたか?

    アトランタは、別の競技も、結構マスコミに惨敗とか書かれていたような覚えがありますが、自分自身も上に書いたように興味をなくしていたようですね。
    (あのころに戻れるなら、もっときちんとみて応援するのに)

    でも、全体的に演技の細かいことは覚えてないことに気がつきました。好きで観てはいたけど、詳細に覚えるまでの関心はなかったのかもわかりません。
    戻れるなら…(以下略)

  3. ぐら | URL | -

    西川派

    私は西川選手派でした!しかし、池谷選手が大学生時代、私の学校から寮が近かったようで偶然見かけたことがあります。もちろん、周囲は大狂乱!ヨン様なみの人気でした。

  4. ぎんぺー | URL | -

    人気者

    おお、若かりし頃の池谷選手を見かけられたことがあるのですね。

    あのころは、一般の人にも大人気だったんですね。(ヨン様並!)
    今の体操選手は、残念ながら試合の体育館の辺り以外では、囲まれると言うほどではないでしょうね。

    また、そういう時が来るといいですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ginpei.blog14.fc2.com/tb.php/178-888dd01c
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。