スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リッツ・カールトン・ミレニア・シンガポール

2006年01月15日 10:55

ホテルに泊まったらそれを記録しておこうと思っていたその一つとして、リッツ・カールトン・ミレニア・シンガポールを改めて。(写真をアップする意味も含めて)

ホテルのフォルム


ミレニア地区で一番端(東側)に立つ大きなホテルで、空港からは一番近い立地のため、シンガポール到着時はバスから最初に降ろしてもらいました。そのかわり町中までは距離があるので、出かけるときは少し面倒くさかったです。特に最初は連絡通路のありかがわからなかったから。

日本語デスクがあったのが便利でした。チェックインもこちらで出来ました。私達はあまり利用していなかったけれど、食事や観光のお手伝いもしてくださるようです。係のお姉さんがとても美人でした!少し、敬語を使うのが苦手そうだったけれど。

そうそう、ツアー特典として、ここでホテルのマグカップをもらいました。きれいな青色のガラスで出来ていて、ホテルでは洗面所のコップとして使われていたはずです。ただ、持って帰るのに少し重くて、家で使うのもなんか割ってしまいそうで、少し怖いです。

リッツマグカップ



ベッドルーム

前にも書いたけれど、就寝前のベッドメイクサービス「ターンダウン」あり。小さいチョコレートがナイトテーブルに置いてありました。

バスルーム

6角形の広い窓のある有名なバスルーム。シャワーブースは別のタイプです。部屋のタイプを指定しなかったので、あまりいい景色とは言えませんでした。マリーナベイの夜景を見ながらのバスタイムは次に行ったときに(?)ぜひ体験したいものです。

アメニティ


このホテルにはさまざまな現代美術の作品が展示されていると聞いていました。出発の日にロビーの天井付近を撮った写真ですが、これもそのひとつでしょうか。
        ↓

ロビー天井
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ginpei.blog14.fc2.com/tb.php/166-8e148065
    この記事へのトラックバック

    ナイトテーブルの感想

    商品到着後、さっそく組み立てました組み立てしやすく、使いやすく、非常に気に入りました♪ありがとうございました(^ワ^)ベッドサイドテーブルはどの店も品揃えが悪く、希望条件に見合ったものが無かった。ベッド下に隙間がなくても、ベッド中央部までテーブルを移動さ



    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。