スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリンピック伝説(女子フィギュア)

2006年01月14日 17:58

トリノオリンピックを目前の今、NHKBSで放送されてるようです。
伊藤みどり選手の演技が見られるかと思って録画していたのですが、アルベールビル以降の大会のみでした。カルガリーの映像は残念ながら含まれていませんでした。あの会心の演技が観たかったのですが。

全部で20分間の番組のため各選手の演技もほんの少ししか観られないので、逆にストレス溜まるわあ(?)あ、それに、日本選手の演技がほとんど入ってなくて残念。

アルベールビルオリンピック。
やはり、伊藤みどり選手のジャンプの高さは驚異的。で、ある高さで止まったかのようにみえて、そしてそこでの回転の鋭さ。もちろんフィギュアスケートっていうのはジャンプが全てではないのでしょうが、あれをみせられていた日本の観戦者はジャンプ第一主義(?)になるよな。でも、自分の記憶の中にあるよりずっと全体が「キレイ」な演技で、なんか目が離せなかったです。
演技の終わった後のホッとしたような表情が印象的でした。全てのプレッシャーから解放された瞬間だったのでしょう。
クリスティ・ヤマグチ選手、やはりジャンプの高さはあまりないけど、素人目にジャンプやその他の動きがとても正確だと感じました。今観ても、なんていうかミスはしなさそうですね。

リレハンメルオリンピック。
カタリナ・ビット選手が6年ぶりに復帰した大会でした。見かけや演技はやはり少し6年前よりは落ちると思うけど、出場してあのプログラムを演じられたことに意味があったのでしょうね。
オクサナ・バイウル選手。残念ながらほんの少ししか映像が流れなかったです。最後のところだけで、ジャンプの着地でややバランスを崩しかけたところとかが映っていましたよ。

長野オリンピック。
ミシェル・クワン選手。正確で無駄のない動きですね。でもこのとき17歳とは 少し年齢より老けているかなあ?
タラ・リピンスキー選手。ジャンプをきびきびと決めていた記憶がありましたが、15歳にしては表現力もあり、全体的にきれいな演技でした。
10代対決とナレーションは強調していたけど、アメリカ選手対決でもあったんだよな。

ソルトレイクシティーは、BSハイビジョンでプレイバックオリンピックとしてやってるのを男子シングル、女子シングルとも録ったので、それを見てから感想書きます。時間があれば。

でも、やっぱり女子フィギュアは冬季オリンピックの華ですよね。私も細かいことは覚えてないけど、やっぱり全部観ていたことがわかりました。
スポンサーサイト


コメント

  1. Alex | URL | -

    not subject

    こんにちは。
    私もこの番組見ましたが、どうせなら選手の演技をフルで放送そうして欲しかったですね。それにカルガリーの映像も見たかったです。

  2. ぎんぺー | URL | -

    Alexさんへ

    はじめまして、コメントとトラックバックどうもありがとうございます。

    それぞれの選手の演技がほんとダイジェストだったので残念でした。
    私もカルガリーの演技を目当てに録画したのに、ソルトレイクが割と長かったので残念でした。

    フィギュアスケートお詳しいのですね。
    拙いブログですが、また機会があればお寄り下さい。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ginpei.blog14.fc2.com/tb.php/165-911dcda9
この記事へのトラックバック

カルガリーオリンピックのテーマ デヴィッド・フォスター「Winter Games」

1988年カルガリーオリンピック 最近、スケートブログ化してしまってるので久々に音楽ネタ。 皆さんはカルガリーオリンピックって覚えていらっしゃいますか?伊藤みどり選手が大活躍したオリンピックとしてスケートファンの方は記憶されてると思いますが、コンパルソリー10

山口さんちの

深夜,もう寝ようと思いつつチャンネルを変えると 女子フィギュア をやっていた。



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。