スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプの申し子

2005年12月29日 23:26

先に記事にも書きましたが、私は伊藤みどり応援世代です。(笑)

それと改めて書きますが、フィギュアスケートは好きでしたがオリンピックと日本選手が活躍した世界選手権くらいしか観ていない、にわか?ファンです。
超有名な選手以外に、男子で言えば鍵山正和さん、女子では小岩井久美子さん・横谷花絵さんの名前を覚えている程度です。

最初に特別に意識したスケーターが伊藤みどりさんなのですが、これには後々の私(同世代の人は皆そうだと思う)に悪い影響を与えています(笑)。というのは、みどりさんのジャンプが自分の中のジャンプのスタンダードな姿なため、他の人のジャンプが低すぎて「あれで3回転跳べてるの?うそ!」と感じてしまうというわけです。回転力があれば出来るのだと言うことがわかったのはつい最近です。あの高さがないと跳べないのだとずっと思っていました。あれから何年経っても彼女ほど高くジャンプする女子選手を見たことはありません!

カルガリーオリンピックのみどりさんの演技は、なんかすごかったですね。細かいことは覚えていません(わかりません)が、高いジャンプをばしばし決めて、演技が終わったときの、観客の熱狂ぶりと伊藤選手の紅潮した顔を思い出します。このときに初めてスタンディングオベーションという言葉を知りました。メダルに届く順位にならなかったけど、観客の心を一番つかんだ選手だっのではないでしょうか。

(で、その後世界選手権の佐藤有香選手を観て、スケーティング技術というものを初めて知ったわけです。あのステップ、ビデオが流れるたびにもっとずっと観ていたいと思ったものでした)

先の記事にも書きましたが、そのカルガリーの金メダリストカタリナ・ビット選手はは美しかったですね。でも、日本のメディアがジャンプはあまり跳べないけど、演技力と容姿に秀でていたから金メダル候補というふうに伝えていた(ように思う)ので、当時はスポーツなんだからそれはないよと思ってました。

みどりさんが銀メダルを手にしたアルベールビルオリンピック。夜中に目覚ましかけて、フィギュアとノルディック複合の試合を観た記憶があります。
なんか残念という印象が強い大会です。2位という結果だけでなく、展開がなんか残念だったような、と思っていろいろ検索かけて調べてみました。そうそうOPで転倒されたんでしたよね。今の採点方式ではなく順位点というものがつく方式だったので、フリーでクリスティ・ヤマグチ選手が大きな失敗しない限り金メダルはないという展開でした。どなたか個人の方のサイトで「正直、当時の日本人のほとんどがヤマグチ選手が失敗しないかなと思っていたはず」と書かれていたのを読んで、うーん確かに選手には申し訳ないけど、私も思っていたような気がします。
伊藤みどり選手のフリーの演技は最初のトリプルアクセルでの転倒もあったけど、再びチャレンジして見事成功。結果は銀メダルでしたが、大きなプレッシャーの中すばらしかったと思います。
上に書いたように、ヤマグチ選手はあんな低いジャンプで本当に跳べてるのか?って思っていました。すみません。あまり迫力がない感じのスケーターだと感じていたのは、素人なんでご勘弁を。


このところの解説でのみどりさんの姿や全日本のときの恩田選手のジャンプを見て、ちょっと現役時代の伊藤みどり選手を思い出してしまいました。当時はスポーツを録画するという頭がなかったのが、今から考えると惜しまれます。あ、このあいだのジャンクスポーツに出演されてたとき、アルベールビルでトリプルアクセル決めたシーン映ってたなあ。

先日の全日本選手権において、そのトリプルアクセルを2回決めた浅田真央選手。ものすごい快挙なのだと思うのですが、私の読んだ新聞での扱いは他の五輪代表に決まった選手のほうに力点が置かれていたため、たいしたことありませんでした。やはり、オリンピックの場で決められたらかっこいいと思うので、トリノへ行って欲しいのですが(笑)。

伊藤みどりさんの現役時代、芸術点が低いのが難点とよく言われていたので、この浅田選手の今後に期待したいです。技術は間違いなく素晴らしいし、まだまだ磨きがかけられそうですよね。(ですよね?)それに、スタイルはいいし可愛いし身体も柔らかそうだし、全てを兼ね備えた完璧なスケーターにならないかなあ?(詳しい人から見たらどうなんだろ)
ぜひ、けがや病気に悩まされることなく精神的にも健やかに成長され、素晴らしいスケーターなられることをお祈りします。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ginpei.blog14.fc2.com/tb.php/155-5db6cef5
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。