スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランプリファイナルと全日本選手権を観戦して

2005年12月29日 23:19

もうすでに古いニュースとなってしまいましたが、フィギュアスケートのトリノオリンピック代表選手が決まりました。

女子
村主章枝選手
荒川静香選手
安藤美姫選手

男子
高橋大輔選手

グランプリファイナルと全日本選手権、選考に大きな意味を持つ大会が2週続けて行われました。当日チラチラ観しかできなかったのですが、録画をしていたものをやっとみられたので、ちょっぴり感想を。

グランプリファイナル。
やはりスルツカヤ選手が素人目にも完璧で(あ、ショートプログラムは録画できませんでした。)、素晴らしかったですね。全ての要素において一段上というか秀でているような気がしました。
浅田真央選手の演技は最後のほうまでみていると、なぜかじわっと涙がでてきました。この間の生観戦の時に村主選手の演技を観たときに引き込まれたのとは少し違って、あまりにも軽やかに滑る姿に、観ているだけで幸せにさせられました。私はうれしくても悲しくても感動してもすぐ涙に来る(ヘンな表現)ほうなので…。
で、「真央ちゃん」が見事ファイナル優勝者でした。すごい。
はい、この人だけは、ついちゃん付けで呼びたくなりますね。テレビのアナウンサー達がそう繰り返すのは聞きづらいですが。
ただ、テレビや新聞では世界一世界一と言われてたけど、そう表現していいものなんですか。村主章枝選手が優勝したときは、そんな報道はなかったのでは?あ、金メダルに一番近い選手を破ったからか。
シズニー選手、手足が長くて素敵な感じ。ソコロワ選手、やはり笑顔がチャーミングです。相変わらず「見た目」系のことしか書けないのが、自分でも残念ですが。
このテレビ朝日の放送 、松岡修造さん。いろんなスポーツの「応援団」としてテレビに出てらっしゃいますけど、はっきり言ってうるさく感じました。それだけでなく、この方についてあまりいい印象がありません。というのは、以前テレビでみた話ですが、お家での食事はレストランのように一品ずつ奥様にテーブルまで持ってこさせるとか。給仕人にやらすのならまだしもな~と、ちょっといやな気持ちになったことがあったので。全然本業についてのことでもないし、家庭内の話は他人が口出しすることでもないのですが。
それに相変わらず選手にキャッチフレーズがもれなくついてますね。どの局というのは関係なく、民放においては欠かせないものなの?


全日本選手権。
(GPFもそうなんだけど)生中継でなかったので、先に結果を知っていました。やはり先にわかっていると、興味が多少薄れますね。ドキドキして胃が痛くなるとかがないのはいいことだけど。でもフジテレビ、生中継をしろよって感じです。いくらゴールデンタイムの方が視聴率取れるからと言って。
当日の放送は、もちろん女子だけで最終グループのみの演技だけだから、全然「全日本選手権」って感じがしませんでした。サンタ帽かぶらせてインタビューするヒマがあれば、他の選手の演技も観たいよと思っていたら、…月曜日にBSフジで、放送やってました。
時計が止まっていたため、ちょうどテレビをつけたら見たいと思っていた北村明子選手の演技の途中。あわてて録画したけど、半分以上切れていました。でも、何人かの選手の演技が新たに見られたので良しとしましょう。北村選手顔立ちと選曲がばっちりあって素敵でした。武田奈也選手(←「なや」って読むのかなと思っていたら、「なな」ちゃんでした)、浅田舞選手、澤田亜紀選手の演技を(あと「岳斗先生」も)観られたのでよかったです。あとは演技の部分は当日の放送と一緒で、その他のうるさい部分がなかったのでGOOD。
このパターンでやってくれればいいのにな。やっぱり、NHKでの放送が一番ですが。

結局、ポイント順で代表選手は上に書いたように決まりました。

中野友加里選手の今季の追い上げ、恩田美栄の渾身の演技も一歩及ばずです。村主選手は、まだ完全には復調していないのではと思われますが、もう一回オリンピックで演技が観たいと思っていたので、土壇場で力がだせてよかったです。改めて村主選手はあまり柔軟性もあるほうじゃないなあ、でも努力でここまで来た人なんだろうなと思いましたよ。荒川選手、本当に女王然としていてかっこいいなあ、あんまりジャンプの時の形?好きじゃないけど、是非オリンピックへ行くべき人だと思っていたので、こちらも楽しみです。
安藤選手は、最近調子が悪いし全日本でも6位とあんまりいい状態じゃないですね。オリンピックまでに立て直せるといいですね。
…安藤選手には、申し訳ないがちょっと辛口になってしまいます。この間のNHK杯で調子が悪かったといえ、観戦していてなんか魅力が感じられなかったので。あと、Numberか何かの雑誌のインタビュー記事で「バンクーバーには出ない、真央もいるから」「21歳で結婚する」と言ってるのを目にしたからですね。もちろん、それくらい過酷な競技生活、長くやるものではないのでしょう。フィギュアの女子のピークはすごく若い時にありそうだし。
ですが、テレビのこちら側ででいいもの見せて欲しい(関西弁で言うと「ええもんみせて」)と、勝手に思っている者からすると、今からそういうことを言われると…淋しい気がしたのです。ただ安藤選手への異様なほどのマスコミの注目度。いやな思いもたくさんしてるみたいだから、こういう風に考えてられるのも仕方ないかもしれませんね。

とにかく、はっとかおっとか思わせる演技をオリンピックの舞台でみせてくださることを期待しています。身体を絞って、失敗してもいいから4回転ジャンプ跳んでほしいな。(これこそ勝手?)

先日、読売テレビの「なるとも」に安藤選手と織田選手が出てました。たこ焼き屋のロケ中に偶然現れたところを撮られたみたいです。
このときの安藤選手、自然な笑顔で可愛かったです。ぜひオリンピックという場でもも、こういう笑顔が出るといいですね。そうそう、キャロルコーチもたこ焼き食べていて、笑顔で美味しい美味しいと、いい人らしさがあふれてました。
織田選手、気の毒にもお笑いコンビのサバンナに、最初「自分誰やねんな」と言われてたけど、私からするとサバンナのほうが誰やねん?です。(笑)

その男子ですが、まったく採点ミスで表彰式もやり直し、一度渡したカップやメダルも返しなさいとは本当ひどい話ですね。どちらにしてもポイントでは高橋選手のほうが織田選手を上まわっていたらしいけど、直接対決での印象というものからするとどちらが選ばれたかわからなかったのでは?織田選手の気持ちを察すると辛いです。でも織田選手、中野選手とも世界選手権の代表に選ばれたみたいなので、そこで力を発揮してむちゃくちゃ名前を売ってこられるといいですね。

でも、生観戦を含んでフィギュアスケートの試合を続けて観て思ったのですが、新採点方式になったとはいえ、採点競技の宿命か相対評価になってしまうのは仕方ないのですね。
見当はずれなことを書いていたら申し訳ないのですが、選考方法がややこしいなと思っていて、順位は試合の展開などで横一線に判断することは出来ないから、最近の試合で一番高い点数を得た人に決めればいいなどと考えていたのです。で点数に注目していたら、全日本の時の点数ってちょっと高いんじゃないかなと。最近体操競技に興味をもっていろいろみていたけど、こちらは国内の大会はめいっぱい厳しく採点されると何かに書いてありました。フィギュアは逆なんですね。

選考って、全日本選手権などの一回の結果で決める方がわかりやすいな。一発勝負で選ぶのは、本番で上をねらえる選手を完璧に選べないという怖さはあるでしょうけれど、見ている者に不信感は与えなくてすみますね。

しかし、やはり私素人だなあ。
トリプルアクセルを2回決めた浅田真央選手より、結構ミスも見えた村主選手のほうが上って言うのが?って思ってしまいます。これって昔伊藤みどり選手よりカタリナ・ビット選手やクリスティ・ヤマグチ選手の方が上位っていうのに、なんでって思っていたのと変わりません。

でも、当然、2人はスケートの技術が素晴らしかったから金メダルをとったのでしょうから、やはり採点方法や技術的なことを覚えた方が理解が深まっていいかなあと思い直している今日この頃です。まずはジャンプが見分けられるようになりたいです。(もしやこれってものすごく難しい?)

2つの大会を見て一番印象的だったのは山田満知子コーチが浅田真央選手を抱きしめてるシーンや、全日本の演技後恩田美栄選手と抱き合ってるところです。教え子に対する愛情が伝わってきます。

その、浅田真央選手のトリノオリンピック出場の可能性については、完全になくなりましたね。もちろん今現在のルールにおいては認められないわけで、最終的に出場できないと裁定されるのは仕方ないと思うけど、4年後に今の浅田選手の演技はみられないと思うので、働きかけはした方がよかったと思います。まったく前例がなかったわけじゃないようなので。(後に非公式に打診したとの報道があったけど、非公式って?)他に選手がいなかったら、競技団体の方も強く推してたでしょうけど、候補にしたい選手が今回は多すぎたのがうれしい誤算だったのでしょうね。しかし、グランプリシリーズは出られて、世界選手権とオリンピックがだめって、なんかよくわかりません。
あとは、見事に成長された浅田真央選手がバンクーバーで見られることを祈るしかありません。

この2週にわたるフィギュアスケート観戦で、「ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番」のCDが欲しくなりました。家のどこかに万が一ないか探してみよっと。
スポンサーサイト


コメント

  1. ぐら | URL | -

    フィギュア

    こんにちは。ぎんぺーさん。
    私も伊藤みどり世代で(苦笑)友達と
    「昔は、伊藤みどりしかいなかったよね」
    としみじみと話していました。
    今年はNHK杯優勝した男女二人ともオリンピックに出場できないのですから、層の厚さを思い知らされます。
    中野選手は今、伸び盛りだし、今季の好調さをみると、オリンピックに出して上げられなかった事はとても残念なことです。
    テレビ朝日やフジテレビの演出は私も「もっと選手の演技みせてくれい」とTVに向かって叫んでしまいました。
    ともあれ、来年はオリンピック、世界選手権ともとても楽しみですね。

  2. ぎんぺー | URL | -

    コメントありがとうございます

    確かにあの当時は、伊藤みどりさんが孤軍奮闘していた感がありますね。

    こんな、誰が出てもおかしくないというほど、多くの実力がある選手が出てきていること自体がすごいことなのかもわかりません。

    トリノも楽しみに観たいです。

    そうそう、ぐらさんのブログのほうでもスケートについてたくさん記事書いてらっしゃいましたよね。そちらに、先日のコメントつければ良かったです。

    漫画ネタ。
    「あ~る君」をぐらさんも読まれたことがあるなんて、知らない人が多いだろうなと思って書いたので、コメントうれしかったです。
    先日記事にした佐々木倫子×綾辻行人の漫画をゆうきまさみさんが書いたらどんななるかなと、ふと思いました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ginpei.blog14.fc2.com/tb.php/154-3ab8c806
この記事へのトラックバック

浅田真央

ISUは会長の国が不利になるから、日本の連盟は強化部長の弟子が不利になるから、と利害が一致したため。↑2ちゃんねる情報です。あくまで。「全日本フィギュアの女子の採点には浅田が優勝したらまずいという無言の力が働いた」と思う人、こちらにトラックバックください

フィギュア・全日本選手権/メダリスト・オン・アイス,現地観戦記

全日本フィギュアスケート選手権大会とエキシビションの生観戦レポートです。(1) 2005/12/24(土): 全日本選手権(主に女子ショートプログラムを観戦)(2) 2005/12/25(日): 全日本選手権(主に女子フリーを観戦)(3) 2005/12/25(日): ALL JAPAN メダリスト・オン・アイス※場



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。