スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オグリキャップと有馬記念

2005年12月25日 19:20

今日は競馬の今年最後のGIレース有馬記念でした。

無敗の3冠馬ディープインパクトが、無敗のまま有馬記念も一着なるかというので、非常に注目されたことと思います。残念なら、2着に終わったようですが。

でも、私は有馬記念と言えば、ずいぶん前のことですが、人気馬オグリキャップの最後のレースを思い出します。

武豊騎手やその他の若い騎手人気やオグリなどの人気馬の登場で、それまで、おじさんの娯楽と思われていた競馬場に若い人が行き始めたころだと思います。友人達が騎手(や馬)のファンだったので、私も連れられて競馬場へ何回か訪れていました。私は特段好きな騎手や特別お気に入りの馬がいたわけではないのですが、結構興味持って現地観戦だけでなくテレビを観たり新聞の競馬欄も読んで勉強していました。

オグリのラストランは確かクリスマスイブだったと思うのですが、当時はバブルの絶頂期(?)宿泊のためのホテルが取れるとは思わなかったので、結局日帰り(!)で中山競馬場まで行ってきました。本当は旅行代わりに行ければよかったのでしょうが、あきらめてオグリの最後のレースだから強行軍っていうのもおもしろいと、友人と新幹線に乗ったわけです。

レースは、確かそれまでものすごく強かったオグリキャップが、あんまり勝てなかった年だったと思います。最後にがんばってくれればいいけど、と思いながら無理かな~とGIレースの開始を知らせるファンファーレ(関東のGIのファンファーレは関西のよりかっこいいですね)を聴いていました。
全然、レース展開などは覚えていないのですが、第4コーナーを回ってこちら向かって走る馬群の先頭にオグリがいる!
うお~っと地響きのように沸き起こる歓声。10万人を超える観客と一緒に「そのままっ、そのままっ!」と声を上げていた記憶があります。いやあ、今思い出してもぞくっとします。
見事1位で有終の美を飾ったオグリキャップと武豊騎手に、「オグリ!」「オグリ!」とオグリコールが降り注いでいましたね。あの場にいられたのは、なかなかのいい思い出となっています。

最近はまったく競馬場へ行くこともなく、テレビ観戦さえしませんが、たまたまゴール前のシーンをスクリーンなどで見ると、やはりぞくぞくっとした気持ちになりますね。

で、懐かしのオグリのぬいぐるみを。(最近の馬のシリーズもでてるんかな?)

オグリキャップ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ginpei.blog14.fc2.com/tb.php/153-7432808b
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。