スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンバとサンガと情熱大陸

2005年12月10日 22:37

先週の土曜日、なみはやドームに行く途中で、
「セレッソ大阪とFC東京のチケットは完売しております」
という、ビラが大阪市営地下鉄の京橋駅に貼ってあるのを見て、サッカーJ1の優勝争いも大詰めなんだなと実感。
その日のNHKサタデースポーツでも、あれだけ宣伝していたスケートのNHK杯のニュースもそこそこにガンバ大阪優勝を大々的に伝えてました。終わったあとはガンバ優勝特番なんかやってたんだけど、私はニュースもほとんど見ませんでした。

今日の朝、MBSのテレビ番組「せやねん」でセレッソとガンバの当日の試合を同時進行的に見せていて、うわーすごい展開だったんだと改めて興奮。セレッソからしたら、これはドーハの悲劇さながら、声も出なかったに違いありません。


そして、番組にガンバの宮本恒靖選手が、生出演。かっこいいとか持ち上げられ過ぎていて本人当惑気味?って風に見えましたが。

と言っても、私も一応サッカー選手で誰が好きと聞かれれば宮本選手と答えるということにしています(?)。

最初に謝っておきます。根はミーハーですが、そういう風に思われたくないというひねくれた私ですが、この方についてはサッカー自体はあまりわからないのに、かっこいいな~と思ってます。すみません。(笑)

見かけではなくですね(いや、見かけもいいが)、2002年のW杯の時、同じMBSの夕方の帯番組「ちちんぷいぷい」で取り上げられていた時に、英語(フランス語も?)が堪能でトルシエ監督と直接コミニュケーションをとっていたとか、サッカーをしながら同志社大学卒業と言うのを聞いてすごいなと興味持ちました。

でもね、こういうので良いなと思うなんて、
日曜朝のテレビ番組で「あっぱれ!」とか「喝!」とかで、スポーツ選手を斬っているおじさん達と変わりません。(恥ずかしい~)
(「愛ちゃん可愛いね。お、中国語も出来るのかい。」「藍ちゃん、すごいね。英語でインタビュー答えてるな。あっぱれ!」みたいな。)

当時、世間にも頭よさげなキャラだと思われていたのか、英会話学校のCMに秋田豊選手(ちょっと対照的なキャラとして)と共演してましたよね。今は、CMにおいての相手役は、チームメートの大黒将志選手がしっかり受け継いでいるかと。


思い出して、録画して見る機会のなかった宮本選手を取り上げていた「情熱大陸」(6月19日放送)を見てしまいました。

若くもないし身体能力に優れているわけはないのに、日本代表のキャプテンとして、なくてはならない人。子供の頃から、学級委員、生徒会長と立候補するわけでもないのに、任されてきたそうです。

W杯最終予選を突破するあたりのことを、彼自身の日記を軸に描かれてました。

日本代表の他の選手のことを一言で表すと?、という問いに対して、中田英寿選手のことを「不可欠な存在」と言っていたのが印象的です。他の選手が(自分自身のも)宮本選手のことを、どういう言葉で表すかというのも聞いてみたかったな。

その他のインタビューも、よどみなく的確な言葉で答えていて、やはり頭のよい人だなと感心することしきり。

この番組は、あくまでも宮本選手の「今」、いえずいぶん前の放送だから「そのとき」のことを取り上げたもの。


それからも、時は流れて。

本日は、ドイツワールドカップの組み合わせ抽選会が行われました。
朝、テレビをつけたら、BSの韓国のニュースをやっていたので、なぜか韓国の対戦相手を先に知り、良い組に入ったと喜ぶ赤いシャツの大応援団の映像を見ることとなってしまいました。

韓国と言えば、2002年のW杯の韓国で指揮を執ったヒディング監督を思い出しますが、彼は今オーストラリアの監督ですよね。

日本はそのオーストラリアと同じF組に入りました。
その他の国は、ブラジルにクロアチア。

…2006年の6月はもうすぐそこです。
そろそろ、にわかサッカーファンが増えてくる季節ですね。(もちろん私も入ってます)


同じ12月3日(土)は京都パープルサンガの最終戦でもありました。
もう、サンガを中心としたサッカーアーカイブはとっくにあきらめたけど、最後くらい結果を書いておこう。

京都パープルサンガ 1 - 2 ヴァンフォーレ甲府

結局、今年は一度しかサンガ戦観戦に行けませんでした。ファンクラブの無料チケットを持っていたのに、予定していた日に熱を出して使えず。(このときは、落語会と宴会に行く予定もつぶれました。悲しい…。)その日以外もUSJ行きやスケート観戦ともかぶりまくりで残念。ま、「よくわかるサッカー」の勉強の成果は来年ということで。

この日観戦に行っていた夫が、「中払に握手してもらった」というのでよく聞くと、最後にゲートごとに選手が待機して、お見送りに握手してくれたそうです。で、夫が通ったのが「中払ゲート」だったそうで、「加藤ゲートは?」「どこかにあったんじゃない?」とのことでした。

試合自体の感想を聞くと、ミスの多いつまらない試合だったそうです。来期、J1でいいところまでいけそうな気配はなかったようで。

ガンバ大阪と優勝争いをする可能性は、…残念ながら(当然?)、ないかな?また、すぐにJ2落ちだけは避けて欲しいところです。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ginpei.blog14.fc2.com/tb.php/144-f00a0900
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。