スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雅姫さんのライフスタイル

2005年12月09日 23:06

先月、新聞の土曜日版に雅姫さんがとりあげられていたのをみて、遊びに来る予定の友人に確か持ってたよね、今度貸して-と借りた本が、「私の好きな「暮らし」のかたち」です。
今まで雑誌などで見ていましたが、初めてまとまったかたちで読むことができました。(初版は2003年3月19日)

とりたてて検索などはしなくても、ファンの多い雅姫さんのことだからネットやブログの上でも、同世代の女性の絶大な支持を受けてるんだろうなと思います。よく遊びに行かせていただいているぐらさんのブログでも、先日取り上げてらっしゃいました。

私もシンプルなものとナチュラルなものがとても好きなので、どのページを見ても素敵。

ただ、先日も書きましたが、私にはDIY精神がまったくと言っていいほどなく、実は新しいモノや機能的なモノが好きなほうです。
なので、雅姫さんのように手作りで身の回りのものをつくったり、古いものに手を入れて長い間使い続けるなんてとてもできそうになく、まったくもって真似したくなる、という「暮らしのかたち」ではありません。

でも、だからこそ非常に「憧れ」です。


カーテンのレールに靴下を掛けてあるのがすごく可愛くて気に入りました。

これを夫に「これすごく可愛いと思わない?季節によって掛けるものを代えるのがおしゃれ☆」と言うと。
「冬はコートとか?」
「そうそう、夏はバスローブとか。…ちがうって!」
私ンちの日常がばればれです。(^^ゞ

実際、今我が家のカーテンレールにかかってるものは。

風鈴


涼しげでにぴったりって感じですね(笑)。これ、友人が遊びに来たときにくれた風鈴(?)なんだけど、実は今年ではなく、昨年の初夏にエスニックパーティー(ウソです、たまたまタイカレーとベトナム春巻きなどの持ち寄りだったの)をした時にもらったんでした。もう一年越し(以上)?

あとはやはり昔からの憧れのル・クルーゼのお鍋。
料理上手な友人(管理栄養士の資格も持っている)曰く、このお鍋はとっても重いのでキッチンの下にしっかりと置く位置を決めるか、雅姫さんのようにディスプレイをするという前提で買わないともてあますよと言われ、そんなにしょっちゅう煮込み料理をつくるわけはないしな~と、保留中。(彼女は結局欲しいけど持ってないそうです)
でも、先日買い物に行ったとき、キッチンウエアのコーナーでル・クルーゼの新色イエローとグリーンのやらベジタブルシリーズのココットを見つけて可愛い~。ちょっと心が揺らいでいます。(まあ、買うとなるとやっぱりオレンジ色のロンドかなあ…)

などと影響を受けやすい私のことなんで、次のお休みにはカフェオレボール買いにいこうかな…なんて思っているところです。

ガーデニングについて書かれている頁については。
…うちの庭を思い起こすと、う、見ないふり見ないふり。

イギリス、ロンドンはず~っと憧れの地。コッツウォルズも素敵な街のようなので、いつか行ってみたい。


先月借りたのに、まだゆっくり見たいので友人にもう少し貸してねとメールでお願いすると、
「うんいいよ。見てるだけで幸せになる本だよね」とのお返事。
そう、一回読んだけど寝る前に少しづつページを繰っています。まるで珠玉のエッセイを読むかのように。
この本を眺めながらEnyaのベストアルバム(あんまり関係性はないけど)なんか聞いていると、すごく気持ちよく眠りにつくことができたりします。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ginpei.blog14.fc2.com/tb.php/143-57b3087a
    この記事へのトラックバック

    ハグオーワー

    ベランダに置いた植木ディスプレイ用の脚立のヒントは実は雅姫さんの本から思いついた。 雅姫さんは、モデルであり、また自身で服のデザインをも手掛けていて自由が丘に『ハグオーワー』 というお店と他にリネンのお店も持っているのである。



    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。