スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体操世界選手権種目別1日目

2005年11月27日 16:02

種目別。
がんばって(笑)BSの放送まで、情報を遮断してテレビ観戦しました。

とりあえず日本選手の結果を書いておこう。

段違い平行棒
黒田真由選手 9.525点 4位

ゆか
関口栄一選手 9.437点 6位
水鳥寿思選手 9.125点 8位

あん馬
鹿島丈博選手 9.687点 銅メダル
冨田洋之選手 8.637点 8位

つり輪
山田辰也選手 9.612点 4位

黒田選手。
いやあ、3位と0,05の僅差で表彰台を逃してしまいました。
本当に惜しかったですね。丁寧な演技で、点数が出たとき会場からブーイングが起きていたのが、印象的です。
でも、女子選手で種目別進出どころか4位なんて、快挙といえばこれこそ快挙だと思うのですが、やはり新聞なんかでも「…4位だった」だけで。うーん、今後もっともっと活躍されていっぱい名前を見られますように。(他の女子もぜひ)

水鳥選手と冨田選手はミスが出てしまいましたね。
たぶん、その疲れというものは私の想像をはるかに越えるものなのでしょうが、本人達も絶対ミスをしたくなかったでしょうから、残念です。
冨田選手の落下を見て、昨日、自分の記事でぜいたくなことを書いたのを反省しました。(笑)
どの種目もですが、有力選手でも得意種目でさえも、ミスっていうのはつきものですよね。(とくにあん馬って落下すること多そうだし)なのに、予選と合わせて12種目全て、大きな過失なく演技されたことに、改めて拍手を送りたいです。

関口選手のゆか、とても丁寧でよかったです。
とても落ち着いておられるように、テレビ画面からも見て取れました。
アキレス腱を痛めていると、解説の小西さんが言ってたけれど、跳馬の演技に影響がないといいのですが。

鹿島選手のあん馬素敵でしたです。
アテネの時も思ったのですが、早くて正確な旋回の中国選手より、華やかな感じの演技の方が好きだなと。(このあたりがにわからしくていいでしょ(笑))でも、アテネの時は、トウカイヒン選手とルーマニアのウルジカ選手と比較したんですけどね。そのウルジカ選手、今回はあん馬も平行棒もミスをしたのか、決勝に進めなかったみたいです。観たかったのに、残念。かわりにスーチェ選手が2位に飛び込んできましたね。

鹿島選手の3大会連続、世界選手権メダル獲得(オリンピックも入れると4連続)って、すごいですね。本当に世界のトップクラスだということがわかります。とにかく、今回は演技の終わった後も、表彰式でも、インタビューでも笑顔だらけでしたね。(インタビューの時の顔って、やはり阪神の桧山選手似だなあと。)テーピングがすごいのを見て、肩を痛めている中での演技が自分では納得いくものだったのだなあと感じました。

山田選手。
こちらも、もう少しでメダルに届くところだったのに残念でした。
もう、つり輪なんてトップクラスだとほとんどミスはないでしょうし、技について詳しくない人間にとっては上位選手はどこが違うの?状態で。でも予選よりよかったと素人目に感じました。でも、本人悔しいだろうなあ。でも、どんなスポーツでも4位と3位の間には大きな溝があるなあ、新聞でも黒田選手と同じく結果のみっていうところでした。

生中継風に観たので、鹿島選手、山田選手、そして黒田選手の演技の終わったあとに、私にしてはめずらしくテレビに向かって拍手してしまいましたわ。

こちらは、女子跳馬の程菲選手の時。思わず一本目に「おおっ」と声を出してしまいました。

リューキン選手に、なんか迫力を感じないと書いたけど、それは個人総合のとき、全然(?)笑顔がなく、表情が弱々しそうと感じたからだなと気がつきました。

つり輪のファンヘルデル(ヴァンゲルダー?)選手。力業の連続がすごい。おおっ、まだ来るかみたいな(笑)。
しかし、つり輪の演技8人も続けて観たら肩に力が入りすぎで疲れた~。

外国選手の演技についても感想を書きたいところですが、またゆっくりビデオを観ることにします。

黒田選手ほかの、段違い平行棒の演技を見て気がついたことが。
前に上村美揮選手の演技で、なんか止まったみたいにみえると書いたことがあるのですが、それは低い棒に乗って高い棒に移るようなところがありますよね。あの部分を見ててそう思ったのですよ。(別に演技としてはかまわないんですよね)

で、最近なんか段違い平行棒をみて違和感を感じていたことがあったのですが、それもなぜなのかわかりました。
昔、男子女子の種目を通じて一番好きな種目は段違い平行棒だったのですが、その理由は華やかな手放し技ももちろんですが、棒の間の移行(?)の部分がとても好きでそこが醍醐味だと思っていたので。(具体的に動きや技はくっきりと覚えてない)だから、男子も段違い平行棒をやってくれないかなあとよく思っていたものです。
…でも、今の段違い平行棒では、幅が空きすぎでちょっと違う~。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ginpei.blog14.fc2.com/tb.php/133-940c2a4a
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。