スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「キラーストリート聴いてくれたかな?」

2005年11月06日 16:47

昨日ベッドに入ってもなぜか寝つけなかったので珍しくFMラジオのスイッチを入れると、サザンの桑田佳祐氏がパーソナリティーやってる番組やってました。

1ヶ月ほど前にリリースされた「キラーストリート」にまつわるクイズをファンのリスナーと生電話でやってたのですけど、「キラーストリート聴いてくれた?」ってのが当然お約束の質問で。

それを聞くたびに私、ドキッ。実は、そのCDをなぜか購入してたのですが、まだ聴いていなかったのでした。

…今、聴きながら書いてます(笑)


と言っても私、他のこともそうですが、こと音楽に関しては本当に語るほどのものを持ってないのでさらっと書いておこ。

特にサザンの音楽と言えばCD「KAMAKURA」を買ったのみで、それ以降TVやCMで活躍を見聞きするくらいです。
で、「KAMAKURA」は本当に衝撃的でした。サザンってこんなんなんだってのが当時の感想だったと思います。詞もメロディも本当にインパクトがあって、原由子さんの唄うしっとりした曲などとの組み合わせも斬新でした。そういったのがドキドキしすぎて、逆にそれ以来サザンのアルバムを手にしようと思わなくなった理由かもわかりません。
それに、比べるとこの「キラーストリート」は聴きやすいかな?バラード調(あんまり音楽詳しくないのですが、あってる?)の曲が多めなので、寝床で聴いても寝られなくならなさそうだし。

と、それぞれの間のアルバムや曲を全然知らないのに、…思いました。

でも、ラジオでクイズに答えていたファンの年齢、高校生から40代のお母さんまで本当に幅広い。
実家でもらった新聞「日刊スポーツ」の記事によると、
<80年3月発売の「タイニィ・バブルス」から12作連続で1位を獲得。
80、90、00年代を通して全てのオリジナルアルバムが1位になったのは史上初だ>
そうです。

それと、桑田さんがラジオで生電話でリスナーと会話の中で、大阪ドームのステージの日は「その日は原坊の誕生日だ」って言ってたのが、印象的でした。
もちろん、彼も外向けにはそう呼んでるのは知ってるけど、大学の音楽サークルの仲間(でしたっけ?)に対するノリの呼び方が、もう50代に手が届こうという人の口から直に聞こえてきたのが、なんか良かったな~。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ginpei.blog14.fc2.com/tb.php/114-7fd87e48
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。