スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンガポール旅行記3日目(その3)

2005年10月25日 00:15

この後、一回行っておこうと思っていたサンテック・シティ・モールを目指します。背の高いビルなので目印にしているのですが、なんとかモールへ渡る歩道橋を見つけました。

海外旅行に行くと必ず寄るスーパーマーケット。ここにはカルフールが入っているとのことで、目的の一階へ。日用品や雑貨などのその国の普通の人が常に使っているものには興味を覚えますが、いつも特に食料品売場に入り浸ってしまいます。

ここで、初めて朝食時にでていたドラゴンフルーツの丸のままの形を発見。白い果肉に黒い種子が入っていたので、カットの仕方によってはおにぎりみたいだなと、おもしろがっていたのです。

ここでは、トムヤムクンペーストやナシゴレンペースト、この地で本当は食べてみたかった黒胡椒ソースでかにを炒めるペッパークラブのソース。マンゴープリンの素やお菓子なども買いました。その他、インスタントラーメンのラクサ味やなぜか出前一丁のミーゴレン。これらの食料品系みやげ、職場で披露したらあっという間にはけました。さすが年齢はさまざまですが、お料理上手さんが多いです。(ただし、どんな味だったかの報告は受けていない、です。)

食料品みやげ


お昼ご飯を食べるため、レストランの集まっている地下1階へ。観光スポットでもあるファウンテン・オブ・ウエルス(富の噴水)を囲んで円形にレストランがいくつも並んでいます。
ここへ来たとき、あらこの風景は見たことある。まさか既視感?と思いましたが、もちろんなんのことはない、前回のシンガポール旅行の時、最初の食事場所として、わけわからず連れてこられた場所ですね。 入る店を決めるため何周もしながら、ついでに前回利用した店を探しましたが、もうないようです。チャイニーズ系の薬膳料理の店だったけど。

あ、そうそう、このとき噴水からは水がでていませんでした。なぜかは全然わかりませんが。せっかく、時間が合えば直接水に触ろうと思っていたのに。なので、写真も撮っていません。

お昼は、結局軽めにと言うわけで、翡翠粒麺小龍包(ラーメンの字が違うかもわかりません)へ。クリスタルジェイド系のライトメニューの店なんでしょうか。なぜか、メニューが読めるなと思ったら、日本語表示がありました。頼んだのは、昨日の鼎泰豐(ディン タイ フォン)に入れなかったのが残念だったのか、小龍包とザーサイ豚肉細切り汁麺でした。ラーメンの方は美味しかったのですが、小龍包はいまいち。一緒に頼んだビールが7S$もするのに、中国茶は0.8S$とえらい違いでした。

ホテルへ帰るのに、このモールからミレニアウオーク方面という出口を発見したので、そちらから帰ると、ミレニア・ウオークとマリーナスクエアを経てリッツカールトンへの通路が…ありました。うっ、ガイドブックを見てたら、ホテルからそれぞれのモールやビルは絶対近そうだと思ったのに、通路はないしとえらくぐるっと廻ったものです。
そうそう、ホテルの一階のロビーになぜかお手洗いを見つけられなかったのですが、この通路から帰ったらわかりました。朝ご飯を食べたレストランの入口出口がわかりにくい造りになってたからでした。

ミレニアウオーク
(ショップの並ぶミレニア・ウオークの天井)
スポンサーサイト


コメント

  1. | URL | -

    not subject

    もっとくわしくかいて

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ginpei.blog14.fc2.com/tb.php/106-3d1cede9
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。