スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィギュアスケート全日本選手権男子SP観戦

2007年12月31日 22:02

なみはやドームで行われたフィギュアの全日本男子SPを観戦してきました。
相変わらず女子はチケットがとりにくいです。(今年は世界選手権でしか生真央ちゃんが観られませんでした(笑)(それもSPのみ))
残念ながら、織田選手の復帰戦観戦というわけにはいかなかったけれど。


観戦した日からずいぶん時間が経ってるので、今覚えている選手についてだけ書こうと思い、念のため録画していたものを見ると、見事に上位5位+柴田選手だけでしたね。
昨年はもっと多くの選手が取り上げられていたような気が。あ、それはBSフジの放送だったかな?で、今年はBSの方はいつやってたんだろ。

結局のところ、テレビに映っていた選手くらいしか覚えてないけど、すこし感想を書きます。(オーダーリストにメモをとろうと思ったけど「いかにも」という感じなのでやめました)


到着したら柴田領選手は終わっていました。

3人目で登場の小塚選手は、ほんとものすごく良かったですね。滑らかで滑らか(すべらかとなめらかと入力したら当然同じ漢字でした)、トリプルアクセルもきれいにきまり、演技集合後の2回ガッツポーズを生で見ました。
もちろんこの時点では、まだ翌日のFSはまだだったわけだけど、代表は決まりかなと思っていました。

南里選手は、緊張が感じ取れる演技でしたねえ。
まあ、世界選手権の代表がかかってる大事な試合ですもんね。

高橋大輔選手。
一緒に観ていた友人は、一人だけ別格だねと言っていましたが、まさにそんな感じでした。一瞬だけ最後の3lzの着氷が危ないと自分では感じていたのですが、テレビでは大丈夫とのことでした。
高橋選手のジャンプの着氷がきれいに流れる、となればジャンプについて完璧なのにな。(←どんだけ求めるんだ。私)

無良選手。
ま、一言でいうとキレがあるという演技でしたね。高~い3A!
私は勝手に次代のエースだと思っています。あ、町田選手は出場されていませんでしたね。なぜでしょう。

中庭選手は、さすがに4回転はしてこなかったですね、少しジャンプが危なかったりして冷や冷やでしたが、なんとか3位に。
なんか、観客席の皆が「健ちゃんをぜひワールドの代表に」って思っているような、気がしたのは私だけでしょうか。

そのほかで、記憶に残っていることと言えば、高校生の佐々木彰生選手でしょうかね。この選手も高校生なんだなと注目していたら、コーヒールンバにのせたステップが軽快で、会場中盛り上がっていました。
ジャンプはなんか失敗があったような気がするのですが、印象的な演技でてこれからが楽しみです。

そのほかにも、そのときはいろいろ気になる選手はいたような気はしますが、もう記憶の彼方…。

でも、さすがアマチュア競技の全日本選手権というふうで楽しめました。はい、スケートの全日本観戦は初めてでして。
男子のSP(とアイスダンス)だけの日だったせいかえらく座席は空いていたし、観客席からの応援の声はたくさん掛かるし。選手の名前や所属を書いたボードも出しておられたなあ。
体操と違って、所属選手のみへのかけ声ではなくほぼ全ての選手に掛かってました。選手の絶対数が少ないから、みな知り合いだったりするからかなあ。

失礼な言い方だけど、代表を狙う選手と下位選手の違いがよくわかります。スピードやジャンプの種類一つとっても違いますね。
といってももちろん悪く書きたいのではなく、本当にターンやスピンを一つずつ丁寧にこなしてやっておられて、私に対してスケートってどんなことをやっているのかということを教えてくれたような気がします。
ジャンプ。なかなか3Aというのは難しいんだなということが、本当にしみじみ…。

私たちの座った席は関係者席の近くだったようで、特に中京大学の人が多かったような。
終わった後、小塚くんとか来てましたね。で、ものすごい勢いでたくさんの人に応援の声をかけていた人が、もう一人のミキティこと?曾根美樹選手だと確信!演技は見たことないのですが、噂はかねがね。(笑)

スポンサーサイト

仙台旅行!?~ずんだ餅ぷち

2007年12月30日 20:04

仙台ではまったく観光には行けなかったのですが、食べたものが美味しかった旅行でした。
食事も仙台駅の構内でとったのですが、そのあとうろうろしていたらこのお店ずんだ茶寮を見つけました。

前に東京駅でずんだ生クリーム大福ってお土産を買って帰った記憶があるのですが、同じくずんだ茶寮のものだったと思います。

ずんだ餅ぷち


ずんだ餅食べたかったけど、たくさんは無理だなと思っていたら、3・4個のお餅が小さなカップ入っている「ずんだ餅ぷち」が売っている。ホテルでのデザートにちょうど良かったです。

ふわあと甘い香りのお豆とお餅美味しかったです。

Go!Go!京橋花月~VOL.3

2007年12月22日 19:15

よしもと爆笑カーニバル~Go!Go!京橋花月~VOL.3てのを観てきました。
(すみません。素人ですけどえらそうに感想書いていいでしょうか)

大阪ビジネスパーク円形ホールにての開催。劇場でも何でもないので客席は(上等の)パイプ椅子を並べただけで、段差がほとんどない。これが後で辛かった。その分演者が近くてよかったのですけどね。

予想通りトップバッターがNON STYLE。
「器の大きい男/友情」

前説もMCもなくいきなり登場したのでびっくり。ノンスタは昨年の賞取りまくりの時に何度かテレビで観たけどあんまりおもしろくない、という印象。最近観たずっと前のbaseの再放送の運動会ネタのは結構おもしろかったけど、オンエアバトルのはあまりおもしろくなかったり。

でも、この日いきなりの登場ですけど、すぐに会場暖まりましたね。後半の部分はテレビで何度か観たやつだったけど、おもしろかったです。
テレビだとまたこのパターン?って思ってしまうところですが、やはり生はおもしろさアップするんだなー。

笑い飯
「ロボット/宇宙戦争」
(すみません。 ↑この二つの組み合わせであってますかね?あるいは一連のもの?)

笑い飯、なんていうかうん、いい!すごくいい!
「変われ」っていうのとは微妙に違うので進むダブルボケ。「…いいや、知ってるよ」がきいてますね。

ただ、こと私に関してのみですが、先日書いた「深夜に笑い飯は観てはいけない」だけでなく「寝不足と空腹時にには観てはいけない」を追加しなくてはいけません。
はい、昼食を食べて以来何も口にしていない私、同じテイストをもったネタ2つ(?)10分されると、ちょっと疲れてきて最後の方までおもしろいと思う気持ちがもてませんでした。次に笑い飯の漫才に接する機会があるなら、今度は体調十分で臨みたいと思います。(引けるときの拍手が少し最初より減っていたように思うのは私の勘違い?)
あと、エアロスミスのくだりは知らないのでそれほど笑えなかった、残念。

アジアン
「花を育てる/    」

うーん、アジアン自体と馬場園ちゃんの演じ方は好きなんですが。
最近観た、「手遊び」「シャンプー」「英語の発音」と同じく、今回の。うまいこと書けないのですが、ちっちゃいところから題材を探してきてるネタ。こっから大きく発想が広がるとかいうのなら笑えるのでしょうけど、近場でうろうろしてる感じが、すみませんあまり笑えませんでした。

てなわけで、そのことばかり頭に残ってるので後半のネタを全く覚えていなかった!

麒麟
「遊園地のアトラクション」←夏にやってたテレビネタ祭りでやってた奴ですね。

感想と関係ないんですが、麒麟の漫才を初めて生で見たので、これで現「横町」のメンバー、コンプリート!(オクレさんはどうだっけ?い、印象が…)

前半の恐怖の館のところは安定した感じ。
後半のモーションサウンドなんちゃらのところ、田村大暴れ+弄られ、いやあおもしろかったです!というより会場受けてた!(もしかしたら前半一番くらい?)最後がちょいショボかったけどね。
なのに、私、せっかくの動きを観るべきところで前の人の頭がじゃまで見えない。という悲しい状態でしたー。
10分くらいの漫才だったので、後半じっくり盛り上がっていくのをみて、(まあ、ある程度以上の実力がある漫才師なら普通そうなんでしょうけど)彼らは、時間が長い方が実力が出せるのかなあと思った次第でした。(4分はつらいのかなー)

ライブで聞いて改めて思いました。川島さん声低っ。

はなしか団地
「時うどん」

どういう人たちかもよくわからない4人組のお芝居。
後でポスターをみたら笑福亭仁智さんの名前がありました。調べると噺家さん達が落語を芝居仕立てにして見せるもののようで。
なんかみたことあるお顔があったような気がしたのですが思いつきません。

最初は?といった空気だった会場もだんだん笑いが大きく響いていくようになってきたけど、私まったく見えなかったので(演者の方達、漫才のように立ちっぱなしでないからね)、感想はなし。
台詞で「時うどん」を芝居仕立てにしてるんだな~とはわかったけど。


休憩を挟んでティーアップ。

が、長谷川さん一人の登場。前田さんがよんどころのない事情により来られないとのことで、しばらく話をして引っ込みました。
ティーアップの漫才、楽しみにしてきたのになあ。

忍者コント
清水けんじ、span!、天竺鼠、平山政雄

かぶりものをとった時点でspan!はわかったけど、天竺鼠は名前しかしらなったのでわかりませんでした。
途中で光岡氏の名前が出てたので確か(元)フロントストーリーというコンビの?と思ったけど、清水さんもわからなかったです。

でも、なんと言っても新喜劇でおなじみの平山さんですよ。なぜか真っ赤な忍者装束で殺陣を決める、決める。今回はバク転はなかったですけどね。

とろサーモン
「万引きGメン」

ラインナップになかったのでうれしい不意打ち。ティーアップの代わりに急遽呼ばれたようです。
ネタの部分はうん、おもしろかった。確かまあまあおもしろかった。おもしろかったはず。でも、なんか今書こうと思うと印象が薄くなってる。
それより一番印象に残ってること。村田・久保田この2人ともうまいわ。

ザ/プラン9
「しりとり、人生ゲーム、テレビ」

しっかり5人での登場でしたよ。浅越ゴエ氏、退院して今日が初舞台とか。観られないんじゃないかと思ってたけどよかったです。

あまり動きがなく、5人が一列に並んで話すパターンだったけど、漫才ですもん、この方が良かった!
というのも、グランド花月でやっていた記者会見のコントはすごく面白かった(私好み)だったんですが、他でみたスポーツの一シーンの連続写真するのとか火事のやつとか、動きがありすぎて漫才・コント?というすっきりしない思いをもっていたので。

しっかり計算されていて作り込まれているところ(そりゃ5人もいるんだものしっかり設計図がないとグダグダになるわな)、私好みー。
会場受けもすごくよかった、と思います。

トミーズ
「ペット」

うーん。昔(を知っているところが悲しいですが)すごくおもしろかった時代があったと思うんですよね。
しかし、雰囲気や間や健嫁ネタはさすがにおもしろかったけど、一つ一つのボケをよく聞くと…なんか辛いわ。


なんかいろいろ書いたけど、生はさすがに全部おもしろかったな~。

順番をつけるのも無粋だけど、プラン9が一番おもしろかったかな。
期待値が比較的低かった ノンスタ、麒麟が思ったより面白く、期待値を上げすぎていた とろサーモン、笑い飯が思ったより面白くなかったというところでしょうか。(あ、後者についてあくまでも「思ったより」です)

それぞれのコンビで違う出囃子が聞こえていたようでしたが、それぞれ固有のものなのかな?

ライブでお笑いを観に行って気がついたんですが、私さすがに家よりは笑いの声は出るもんだな(手はさすがに叩かんなあ)というのと、結構先取り笑いをしてしまう方でだなと。。。
来月のVOL.4にはストリークが出ますね。観に行きたいものですが。


本当はM-1グランプリ2001の感想を(2007でなく「2001」です)を書こうと思ってましたが、急遽こちらを。(相変わらず長くなって時間かかったさあ)

明日の「2007」ですが、DVDでいくつか見た今となっては去年のようにへらへらとみられそうもないですね。
お笑い観るのに緊張するのもなんなんで(笑)、ビデオに撮って1週間後にでも観ましょうかね。

それよりCSのスカイ・Asports+で敗者復活戦生中継するんですね。うちの家これ観られるやん!
まあこれも大掃除の真っ最中でテレビの前にいることは難しそうなんで、こっちもビデオとっとこ。

仙台旅行!?石垣のモデル

2007年12月20日 22:14

先日も書いたように仙台旅行の写真がほとんどありません。

これは仙台城の跡地にあった「築城期の石垣モデル」です。

石垣のモデル


…っていうか、「築城期の石垣モデル」って何だ?
写真を撮ったときは理解していたはずなのに、旅行から時間がこれだけ経つとよくわからなくなっています。
本当に石垣に使われていた石、ではないのかな?

フィギュアスケートGPファイナル

2007年12月16日 22:49

結局中国杯とロシアカップを観ることなしに、ファイナル観戦となりました。

やはり、テレビ朝日では男子の扱いはこうか…。SPでもFSでも1/2しか放映なし。
BS朝日で地上波の後にやっていたので録画してみたら、まったく同じ内容でした。ので、すぐ消しました。

SPは情報を入れずにテレビ観戦をしたのだけれど、FSは男女とも結果を知ってしまいましたわ。朝、新聞を開いたらバーンと「高橋大輔、僅差の銀」って大きな写真と共に載ってました。

男子

ランビエール選手
SPは、最初の3Aが見事に決まったのを久々に観た!って感じでしたが、続く4-3も完璧に決めてきて、今年は仕上がり早いやん(笑)
FSは金メダルという情報だけ先に見たのですが、放送を見たら残念ながらいいできとは云えなかったみたいですね。でも得意の世界選手権までにここまでもってきました。

ウィアー選手
ロシア 中国 をまともに観てないと云うことは…ジョニーの演技をきちんと観るのは、今年初めて?
ジャンプのミスが残念でしたね。でも、彼らしい美しい旋律に乗せた流れるような演技が観られたのは収穫でした。
…で、FSは放映してくれないのね(泣)

ライサチェク選手
彼らしい、迫力と熱のある演技。盛り上がりで言えば一番か?

高橋選手
NHK杯で少し失敗したSPを決めてきて、4回転を入れずに他の選手を押さえて一位とは素晴らしい。
FSでの少しのミスは残念でした。新聞でステップやスピンにも少しのミスと書いてあったので、ステップのミス?わかるかなあと思っていましたが、私でもわかるものでした(笑)

でもでも、はっきり云ってもう完全に世界のトップ選手ですね。ミスがあっても大きく崩れることのない強さを身につけられたこと、素晴らしいです。
技術だけでなく魅せる演技で世界のファンをつかむことが出来る選手をリアルタイムで観られるって幸せです。
世界選手権までにはもっと精度を上げて欲しいです。彼自身もそう思ってることでしょうね。

女子

マイズナー選手
回転不足をしっかりみるという今季のルールで厳しくなってるのかな?
最近はあまりノーミスに近い演技をみないような気がします。

ジャン選手
たとえばジャンプを跳ぶときにすごく構えるというか力が入ってるのを感じられるけど、それが一生懸命な演技だなといい印象。
2年前の浅田選手を思い出します。バンクーバーではトップ争いをしてるのでしょうか。

コストナー選手
世界選手権でもそうでしたがSPはいつもいい演技(今回は2Aを失敗したけど)。
でも、さすが地元での開催で気合いが入ったのかFSでも少々のミスに押さえる

私は彼女のファンなので、SP・FSの両方ノーミスの演技が観たいなといつも思っています。

中野選手
力強さと自信の感じられるいい演技だと思いました。FSで決めてきた3Aももちろんだけど、ステップもスピンも(もともと得意だけど、よりもっと)これを
観てという彼女の思いが感じられます。

キム・ヨナ選手
SPはすごいスピードだあ、と思った瞬間3-3の失敗があってビックリしました。
FSではミスを最小限に抑え、見事ファイナル連覇。
しかし、ジャンプは幅と高さがあって非常に美しいなあ。確認してないけどGOEで加点つきまくりでしょうね。

浅田真央選手。
またまSPで3-3が跳べず残念。これも考えて演技してしまうようになってきた彼女への試練でしょうか。
FSでは久しぶりに公式戦で?3A跳べて良かった良かった。演技全体は美しくてうっとり。よかったです。

ただ、ジャンプがツーフットとかになりやすいのではないか?とちょっと素人心配してます。


真央ちゃんと高橋くん、昨シーズンのNHK杯くらいから成績のシンクロ続いているな~。
3月の世界選手権では、2人が揃って一番高い台に上っているといいですね。


何にせよ、昨年のように選手にアクシデントの起こるようなヘンなグランプリファイナルでなくて良かったです。

仙台旅行!?青葉城跡

2007年12月15日 10:33

「ループル仙台」号で結構高台の上ったところに青葉城跡の停留所。
そこから石段をもう少し昇ったところが少し開けていていました。

仙台城跡の碑がありました。
当然眼下が見渡せる場所なので、とても景色がいいと書きたいのですが、先に述べたように雨が降ってきてさっぱりでした。

仙台城跡


ま、たどり着いたという証拠にパチリ。

豊田国際競技大会

2007年12月11日 22:54

初めて観戦した体操の競技会が名古屋で行われる中日カップでした。

それが今年から豊田国際競技大会と変更され、12月の8日9日と行われると聞いていたので、観戦に行きたかったのですが一週間前に「旅行」をした身。
新幹線(じゃなくてもいけるが)をつかうお出かけが続くのはさすがに冷たい目でみられること必至なのであきらめました。
(おみやげを持って行かなければならないところもあるしな~)

NHKのニュースと体操協会のレポを見ると。

ベルキ選手、ヴァンゲルダー選手、チュソビチナ選手、クラスニャンスカ選手などなど来日だったんですよね。見たかったな。

水鳥寿思選手さすがですね。(国際大会強いな~)桑原選手も平行棒で金メダルですか。
冨田選手は両肩を痛めていて本調子じゃないようですね。でも、平行棒で3位にはいってるところはさすがです。
この試合で今年は最終?来年に向けてゆっくり直してもらいたいですね。

それと、内村航平選手の特集がNHKのスポーツニュースであると聞いたので、録画したつもりが(そのことも書けたらここにかくつもりだったのに)曜日を間違えてサンデースポーツ
の録画できてねえ。。(土曜日だけでした。豊田国際についての日曜のニュースも見損ねた。)

私は彼が北京の代表に入ってくるのではないかと思っているのですが。
代表選考会の岡山のNHK杯には行きたいです。


しかし、もうすぐ2007年は終わり北京オリンピックの2008年がやってきます。
あっという間の4年でした。

麒麟と笑い飯。と、千鳥

2007年12月09日 21:42

きっかけは麒麟です
と言ってもたいしたことではなく、テレビ「横町でよ~こちょ」で最近二人が目立ってきたなあというのと「なあ、阿藤快」「なんだかなー」のやりとりが我が家で受けていた(そんなのばっかりですね)ため。そして、NHKフリークの夫の影響で見ていた「解体新ショー」で、この人声もいいけど、発声のキレというかいわゆる滑舌?がいいなあ、とダブルで興味を持って、ちょいとネット上を漫才鑑賞の旅に。

今まで、何度か見たことあるいわゆる実況漫才は、そこそこおもしろいと(漫才番組で見ると3番目か4番目ーみたいな)言う程度だったのですが、いろいろ探してみるうちにやや昔の漫才が結構面白いなあと嵌りました。ちょっとしたフレーズや、少し暗めの台詞のチョイス。おもしろいけど陽というより陰の印象の漫才が。
「勇気検査」とか「川島幼稚園」とか好き。(やっぱり田村動かされ系より、川島ヘン系のが好みです)

ただ、ボケとツッコミのやりとりがおもしろいというよりSFのショートショート読んでる気分というか、漫画でいうと「あーる君」とか川原泉さんとか佐々木倫子さんとか遠藤淑子さんとかの作品が好き、に似ているような気がして、漫才としておもしろいと言っていいのかと自問自答。
それに、田村くんのツッコミがよく言われるようですがわーわーとしか聞こえなかったり、川島氏の台詞は滑舌はいいけど早口だしで、聞き取りにくい漫才だなというあまり良くない印象も、少しあったりしました。(それが持ち味というのも十分わかってはいるが)

と、思っていたら、関テレでやっていた普通の漫才番組より長い尺でネタ披露「真漫才」という番組で見た彼ら。
他に出演していた大御所や先輩方には及ばなかったと思うけど、他の短い時間でやっていたのに比べて、なんていうかふわっとやりとりで笑わす漫才という空気がしっかりでていて、あれ?思っていたよりちゃんととおもしろいやん。
たぶん技術も格段にあがっている上に、二人とも声にほんの少しおっさん(!)が入って聞きやすくなってるように思いました。がさがさ荒かったものが、つやっとした感じというか。

で、なんか10年先20年先にどんな漫才をしてるんだろうと、まったく想像できそうにないところが逆に楽しみになりました。
(たとえば中川家の20年後だったら、想像できるよな~(劇場で最後に出てくる漫才師!))
そのころには田村くんのツッコミの技術は飛躍的に向上しているのだろうか…?

前にも書きましたが一時、あさひグランド花月でやっていた「ナゲット」の録画ばっかり見てました。それこそ、漫才としておもしろいかというとどうだろというネタだと思いますが、川島ワールド全開な感じと、それを今のけっこうつやっとした麒麟が演じていたのが良かったので。

結構テレビで見るようになりましたが、トークやバラエティはまだまだな感じですね。
「麒麟の部屋」はおもしろいんだけどな~、二人のコントラストとコンビネーションが。あれがもっと漫才に出ればもっとおもしろくなるかも。(「勇気検査」のコントラストはいいよな~)

かめばかむほど笑い飯
突然ですが、お笑いを見るのってご飯を食べるのに似ていますよね。
関西風の味付けが好きな人もいれば関東風のが好きっていう人もいるし。
元気いっぱいのときは複雑な味も舌が判別できるけど、体調いまいちの時はこっちのあっさりわかりやすい味がいいとか。
最初は取っつき悪いけど、何度か食べると慣れてきてやみつきになるとか。(逆に最初の印象悪すぎで、絶対口に入れたくないとか)
年齢によって好みも変わるところとか。

で、何が言いたいかというと。
最初に笑い飯の漫才、それも最高傑作と云われる(?)「奈良県立歴史博物館」を見たとき、全くくすりとも笑えなかったんです。
それは、疲れていた真夜中だったためだと思います(笑)それに、トータルテンボスのところでも書いたけど、次々にボケをかまされると私あまり耳が良くないのでついて行けない(…悲しい)んだと思います。

そのあと、いろんな番組やらで笑い飯の味に慣れたんで、今はすっごくおもしろいです。
いやあ、笑い飯の漫才というかボケってけっこうばかばかしいのが入ってんのね~。知らなかったわ(笑)

結構お気に入りになった証拠にテレビ大阪でやってる「ココモコ・ハッピー笑い飯」まで見始めました(笑)
あの番組、いったい誰をターゲットのしてるんだ?可愛いキャラとちょっと堅い口調の二人のボケを絡めるとは誰が考えたんだろ?
一話完結?のNHKドラマみたいなのがお気に入りです。

「ひったくり」のネタばかりいろんな番組で3・4回は見たので、年配客の多いNGKではゆっくりテンポになってたりとか組み合わせ変えたりとかの工夫がわかり、(どうでもいいけど、朝日グランド花月のオチのウ○コ!はちょっと萎えたけど)漫才っておもしろいし奥が深いんだなとあらためて感じる一つとなりました。

改めてM-12003のDVDで見た「~博物館」はなんか隙なしという感じでしたね。夫に無理矢理最終決戦あたりを見せたら、笑い飯をほぼ初見のくせに結構おもしろがって(チッ、くやしい)、そのあと象を「ZO」と発音するんじゃなく「ZOU」とするのばかり真似してましたけどね。

法則発動?千鳥
下書きでは上の2コンビだけ書いていたのですが、上方漫才まつりでやっていた千鳥の「象と飼育員の漫才やろう、いやそれより~」っていうのが印象深かったので、ここに追加。

トミーズの漫才で、麒麟・笑い飯・千鳥のうち一番女の子に人気のないのは千鳥だとか云われてましたね。
そんなことはないと思いますが、確かに笑い飯はわからんけど、あくまでも個人人気でなく漫才で麒麟は女性に、千鳥は男性にファンが多いのではないかと思います。
麒麟の漫才は上に書いたように、フレーズやらに個性があって、うーんなんていうか内向きに整っているというきがするので。女性向きかなと。

千鳥の漫才は、私は反対の魅力ではないかと。(そんなにたくさん見てないんで見当違いだったら失礼)
なんていうか、よくいえばスケールが大きい(かも?)、型にはまっていないというかとらえどころがないというか、どこで笑うのかある意味難しい漫才というか。

自分勝手に好きなものにたとえると、千鳥=中野大輔選手の体操、麒麟=冨田・鹿島選手の体操という感じでしょうかね。
私は性格的に冨田・鹿島両選手の体操のファンですが。

…っていうのが、「刑事ドラマの殉職シーン」×3回+M-1×2回分+その他少しくらいのを見て思ったことです。
上に書いた上方漫才まつりのネタ、その教科書どおりでないという魅力が十分に出てなかなか面白かったな~。


で、今年のM-1はせやねんの法則で千鳥が優勝ですよね。ふふ。

仙台旅行!?~伊達政宗像

2007年12月08日 22:52

遅めの時間に仙台に入り、ホテルのチェックインを先にしたので、その日は街中をぶらぶらするだけでした。
(北国の冬は夜が早い。こちらより30分は早く4時半くらいには暗いですね。)

なぜか薬屋さんが多いような気がしたのですが、気のせいでしょうか?

日曜日、朝起きると何となく窓の外はどんより。天気予報では、夜からと言っていた雨が降ってる!!

そんなこともあって、仙台城跡と仙台市博物館だけ足を伸ばしました。
行きは仙台駅から出発している観光客用周回バスるーぷる仙台で。

政宗像


まずは、 お城跡の広場にすっくと立つ政宗公にご挨拶です。

(雨が降っていたのもあって、 ほとんどまともな写真はとれていません。)

仙台旅行!?~牛タン定食

2007年12月07日 23:20

仙台に行こうと思い立ったのはNHK杯を観に行くためですが、私の重い腰を上げさせたのには2つ理由があります。

会場までのアクセスがよかったこと。
ここから新幹線乗り継ぎ?で仙台駅まで到着するし、駅から会場まで地下鉄で15分に徒歩数分でたどり着けること。


もう一つは、これです。

牛タン定食


仙台名物 牛タン定食。

2泊したんですが、2日とも夕食はこれでした(笑)

だって、一日目に行ったお店の牛タン。美味しかったけど、ちょっとお肉がさめていて薄めだったんですもの。
(味は美味しかったですけど)
リベンジです。リベンジ。(古っ)

お店の前には結構並ぶ人がいたんですが、せっかくだからガイドブックに載っていたお店に入ってみようと、訪ねたのは「利休」

カウンターに座ったので、炭火で焼いているのが目の前で見られてこれは熱々かも、と期待。

牛タン定食1,575円也。
麦ご飯、とろろ汁、白菜のおつけものと牛タン、テールスープ。

この厚みの牛タンって、シチューを除いては今まで食べたことはありません。(牛タンといえば1~2㎜のものを焼くってイメージです)が、柔らかくて熱々でおいしい~。またテールスープの味ってものは、私がものすごく好きなものですよ。

他にも牛タンカレーやシチューなどなどのメニューもありました。
焼いた牛タン少なめにしてシチューがついているのなんかもいろいろ楽しめてよさげでした。

また、これを食べにだけにでも仙台に来たいものだと同行者に申し上げると、「そりゃ高すぎる一食でしょう」と思った通りにお答えが返ってまいりました。

NHK杯に行った証拠

2007年12月07日 22:44

BW_Upload_nhk.jpg


終わったら夕方6時をまわっていまして、北国の冬は日が暮れるのが早い。
すっかり暗くなっていました。

NHK杯(男子フリー、エキシビジョン)観戦

2007年12月06日 23:46

ロシアカップもカップオブチャイナのビデオもまともに観られないうちに、仙台にフィギュアスケートのNHK杯を観戦に行ってきました。
残念ながら最終日しかチケットが取れませんでしたので、観戦できたのは男子のフリーとエキシビジョンです。

前日に仙台に行っていたので、男子SPと女子フリーはホテルのテレビで観戦しました。


当日、地下鉄の駅より10分弱ほど歩いた仙台市体育館。
中に入るとテレビで観たように青を基調にした装飾は東京の世界選手権を思い出します。
席はショートサイドで端の方だったんですが、一番前列だし会場も狭いのでよく見えます。



一番滑走。
私、なぜかジェレミー・アボット選手とライアン・ブラッドリー選手とを取り違えていたようで、あれ?と何度も双眼鏡を見直してしまいました。

チェンジャン・リー選手。4回転が残念ながら失敗。
キスクラでは点数が出るまでは、明るい顔をしていたのですが…。

中庭選手、昨年EXに使用していたサラバンドが今年のSPの曲なんですね。私、この曲好きです。
4回転がうまくいきませんでしたね。
どうも最近成功しなかったり試みずなどが多く、4回転といえば中庭と、今年はいえないことが多いですね。

南里選手はSPでなかなかのできだったようで、いい位置から臨むFSだったのですが、結果は残念でしたね。
最初の3Aからのコンボはすばらしく高くてよかったので、心の中でおおっと叫んでしまいました。
が、その後が尻すぼみとなってしまいました。

ソーヤー選手は、日本選手達とベルネル選手をのぞくと一番声援が大きくてびっくりしました。
メイプルの国旗がたっくさん揺られていましたよ。

昨年ジュニアチャンピオンのキャリエール選手。
ミスの少ないいい演技でした。迫力はそれほど感じないけどみていて気持ちのいい。
あのジャンプの時手を上げるところを生で見られてうれしかったです。←?

高橋大輔選手。
試合前から、昨日の安藤選手の演技が頭をよぎって、なぜか失敗しても仕方ないなと根拠もなく思っていました。
で、残念ながら4Tで転倒。その後はどうか、と思っていましたが、ジャンプもみんな成功だし、感情のこもったいい演技でしたねえ。
グランプリファイナル、世界選手権ともっと仕上げてくるのでしょうか。楽しみです。

サーキュラーステップ、戦いの場面を表しているんでしょうか、すごく好きです。

客席の盛り上がりがすごく、たぶん地元の(?)初めてフィギュアを観ると思われる家族連れたちも「高橋君応援モード」
あの超深いシットスピンに、わああと歓声が上がるのがなんとなくおかしかったです。

トマシュ選手。
4回転が成功!だったので気持ち盛り上がりました。高橋選手が残念ながらノーミスではなかったので、彼に期待して思わず心の中で「ノーミス!ノーミス!」とつぶやいていたのですが、アクセルジャンプが1回転半とすっぽ抜けて、あ残念。

ただ実は、このフリーの曲はあまり好きではありません。昨シーズンのが好きなもんで。
で、勉強不足もあるでしょうけど、ステップやスピンにあまり魅力を感じないです。(今の時点では)
もちろん評価はすごく高いですね。このFSのスピン全てレベル4!(ステップはSPと違ってレベル3ですが。それでも)

そうそう、あの不思議衣装が生で見られた。勇・名…横書きでトラ…?




エキシビなんですが、


安藤選手、この位置の出番は正直辛いものはあるでしょうけど、丁寧な演技でがんばってました。

武田選手の、相変わらずダンスフルな演技が魅力的です。


実は、終わりの方に近づくにつれおなかが痛いような気がしてきたので、まったくリンクに集中できず。
覚えてるのは日本選手だけかよという次第。ちょいとビデオで確認しようかなと思ったら結構カットされてて記憶のあるものばかりでした。

カー/カー組の演技ではなく、英語アナウンスの「カー」の発音が、日本語のかーとは違うね~と思ったなど、変なところを覚えてます。

一位の選手はお約束のアンコールがありましたが、デロ/ション組のシューズにつけたひもをつかった演技。
非常に受けていたのだけれど、集中力が一番ない時だったのでヒモそのものの印象はあるものの、どんな演技?

高橋選手の演技はなんとしても観るぞと、ここは集中。
試合とアンコールを含めて、SPとFSとEXの三連コンボを観ることができて、もううれしかったです。
バチェラレットの時のすってんころりんはEX時のお約束?でも、こっち側でこけたので急に視界から消えてしまれてびっくりしました。
白鳥の湖のストレートラインステップがすごく切れが良かったと思います。

あ、最終的におなかの調子は大丈夫でした。

…なんか、NHK杯観戦というより大ちゃん応援モードって感じですみません。
予習復習がたりなかったので。

無理矢理?連れて行った夫は相変わらず、各選手がななみちゃんとどーもくんのぬいぐるみをどう扱ってるか(にぎりしめてるとか)ばかり気にしてるような次第でした。



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。