スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスケーキとM-1グランプリ

2006年12月25日 21:22

M-1グランプリを初めて、少し観ました。

いやあチュートリアルって、漫才うまかったんですねえ。知らなかった(笑)

MBSの「せやねん」に出演中なので毎週見てますが、そんなにパンチが効いたタイプとは思えなかったんで、漫才もそれなりなのかなと勝手に思っていたのです。福田くんはくせのないつっこみ役に見えるけど、徳井くんの”イケメンさ”がお笑いの足をひっぱってるのではなどと。

が、昼間にやっていた番宣か昨年の再放送を見て、けっこう突き抜けてて私好みのネタかも!(HPもってんのけ?とか)、と思って本番見たら、2本とも揃えてきて勢いがあってよかったです。(”冷蔵庫”の方が好き)

確かに、「せやねん」ではトークのキレはいまいちだけど、トミーズ健につっこんだり雅につっこまれて返すときに、パワーは少ないものの、2人ともお決まりの台詞ではなく話題にあった言葉を選べるセンスがあるなーと思っていたら、漫才ではそういうこだわりの台詞で笑わせてくれました。

ちょっとダウンタウンの漫才を思い出させるなと思っていたら、松ちゃんも高評価でしたね。

ファイナルでは、麒麟のネタは何回か観たものなので、完成度は高いかと思うけど私にとってはわ~っと来るものがなかったし、フットボールアワーは前に生で観たときも書いたけど、うーん期待度が高すぎてそれほど面白くないという印象。

素人OLの2人組変ホ長調、結構面白かったけど、しゃべくりの技術がプロ級で決勝進出なった、のだと思いこんでいて、実際観たらネタのおもしろさだったので、あそうなんだと肩すかし。でもあの芸能ネタが使えるのは素人ならではの強みかも。

全コンビは観られなかったけど、4分は短すぎますね。なんか途中で終わった感のネタが多くて、少し欲求不満。スピード感を大事にしてるのでしょうか。

お笑い好きだけどその類のテレビ番組を全然観ないし、今までのM-1もほとんど観たことがないので、全然どんなコンビがいるとか誰が人気とか知らなくてちょっとだけネットで調べてびっくり。

いろんなお笑い番組やライブがあるんですねえ。
そうそう、徳井くんがやっている怪しいガイジン”ヨギータ”。日曜にやっている「横町へよ~こちょ」で観たうちの家族で人気アップ中なんですが、これも他の場所でとっくにお披露目されているものだったのですね。
なんせ先日生で観たタカアンドトシもM-1出てたとか全然知らなかったりで、汗、汗。

ブログの検索などをして他の人の感想を見てみると、さすが笑いのツボは千差万別で誰がおもしろいやらおもしろくないやら様々、それに年によるレベルの違いなどが取り上げられていました。今回のも全部しっかり観ていないので、レンタルDVD屋で手にとっては返している今までのM-1グランプリなど借りてみようかなと思います。

(まともに笑い飯の漫才も観たことがないんだな~。今回も最初に入り込めなくてきちんと観てないの)


今年のクリスマスケーキ


クリスマスにお笑いと共にケーキを。

2日に分けて食べたのですが、なぜか2日目の方が美味しかった。ケーキもカレーのように寝かせた方が美味しいのか!?(←早く食べないと悪くなります)
スポンサーサイト

トリビアの泉の話

2006年04月05日 21:36

全くもって時間がない…というわけではないのだけれど、ゆっくり何かについて書くのがちょっと難しい今日この頃(?)
自分でも更新がないのが淋しいので、どおってないことを書く。


先週録画したテレビ番組「トリビアの泉」のスペシャルをなんとなく眺めていて思うこと。

好きでよく見る番組ですが、その「トリビア」そのもののおもしろさではなく、どのような演出でみせているかのほうが面白く見てます。うちの家では前によくやっていた劇画調のイラストで紹介するやつが好きでした。最近は人形劇に変わってきて残念。

それに、ビビる大木とベッキーは、本当にリアクション王とリアクション女王だなあ。
たいしたことがないネタでも、「お、なんとかだ!」とか、あの本題にはいるまでの合いの手を聞くと面白いもののように思えます。品評会会長のタモリさんにくらべると”へぇ”ボタンを押す頻度高すぎるし。(ほんまええ人や)
まさにこういうバラエティ番組には欠かせないタレントさんなんでしょう。

その「トリビア」。
最近のネタの中では、「雑種犬」シリーズが大好きです。
っていうか、八嶋智人さんの犬の気持ちになったナレーションが最高に面白い。

飼い主が倒れた時助けを呼びに行く犬はいるかという検証で、ひもから解き放たれた飼い犬が走り回ってる姿に合わせた
(いやほっ~い、自由だ自由だ~♪)
とかってやつ。


犬で思い出したけど、今日帰り道いつもの「癒し犬」のつながれている家の横を通ったら、あれ?いない。
と思ったら、前からひもにつながれてやってくる「癒し犬」と遭遇。

…散歩に連れて行ってもらってる姿初めて見ました。

笑いのアスリート

2006年01月09日 08:37

ウチのDVDレコーダーに録画されたものは、今のところスポーツ系が大半です。

サッカー、体操、陸上、フィギュアスケートのほか阪神の金本選手の「スポーツ大陸」、なぜか佐藤弘道さん登場の回の「波瀾万丈」もあり。
…などなどに混じって、「ジャンクSPORTS」が何回か残ってました。年末年始のスペシャル番組やトリノオリンピックを録画するのにそろそろ整理しなくてはと、消す前にチラチラっと見てみますと。

この番組、競技中には見せない普段の顔やアスリート自ら語る様々なエピソードを紹介して、競技に興味をもってもらうっていうのが目的なんだと思います。最初はいろんな選手の素顔が楽しみだったのですが、最近は司会の浜田雅功さんの話術に興味があるかも。

浜ちゃんのつっこみがすばらしいスピードと瞬発力に富んでるところとか、相手のトークの力量(距離)を瞬時に計って、攻撃(つっこみ)か守備(スムーズに話を進める補助)を行うかを的確に判断しているところとか、味方(レギュラーと言っていいパンチ佐藤さんとか脇坂寿一さんとか)の力を借りて、面白く番組を進めてるところ(一見冷たくトークを切ってるけど)などなど、スポーツ選手にも負けないくらいの、すばらしい能力をお持ちだなあと、改めて感心します。

…などと思ったので、エントリーの題名をベタなものにしてみました(笑)。

ただ浅田真央選手が出演したときは、さすがに年齢差のためか、いつもの浜田節もフルには聴かせてもらえませんでしたが。

うちの夫は、以前はこの番組を私が見ているとチャンネルを変えたがっていました。明石家さんまさんのトーク系の番組が嫌いらしく、それと似たようなものだと思っていたらしいのですが、最近は私と同じく、浜ちゃんのトークのキレを面白く見ているようです。

で、彼はよく10年くらい前にやっていた「ダウンタウンのごっつええ感じ」 の話を持ち出します。私は「ラブラブファイヤー」(アキラとメグッペ)とかロデムくんぐらいしかはっきり覚えてないんですが、レンタルショップの棚にDVDを見たことがあります。借りてみたいような気もしますが、はっきり言ってキツいコントが多かったような覚えがあるので、怖いような気も。

そういえば、浜ちゃんはフジテレビのトリノオリンピックの番組のスペシャルキャスターに就任されたようで、こちらも競技と共に楽しみです。どんなになるかなと少し心配ですが。ジャンクの中で、三宅アナに「選手を呼び捨てにしないこと」などの注意をされてましたね。

で、なぜか昨日のジャンクのスペシャルをほとんど見逃した私でした。

和製ビーン

2005年11月06日 21:38

すっごいつまらないことなんですけど、

先ほどテレビで「ジャンクスポーツ」見てて思ったこと。

アルピニストの野口健さんって、
「Mr.ビーン」などで有名なイギリスのコメディ俳優のローワン・アトキンソン氏にすごく似てると思いませんか。
なんか、話をされている時のとぼけた感じが、よりそんな風に思わせられます。

ただ、それだけでした。以上。

女王の教室の最終回

2005年10月09日 17:43

最終回は海外旅行中だったので、録画していたのを今になって観ました。
放送から時間が経っているため、いろんなところで感想・批評が聞こえてきていますが。

やっぱり、阿久津真矢先生はいい人だったんだなというところに落ち着いたことを、結構残念がる声が多かったように思います。あまりにたくさんの抗議・意見にストーリーを変えたのかというような。

私もそんな風に感じたところもあります。教頭先生も最後いい人な部分を見せるし。

でもね。小心者で最後がまとまることを良しとする私にとって(笑)
(ハッピーエンド好きとも言う)は、安心する結末だったなと。
ドラマの最初の方はチラチラしか観てない私だから、よりそう思うのかも。

で、単純な私としては、真矢先生のセリフや生徒達の演技にじわっときたりして。
-天国へ行けるとか、地獄に堕ちるとか言っている人がいるけど、誰も行ってきた人はいないんだから-
(そうだよね~)
-今しかできないことをしなさい-
って、小学生だけでなく大人でも、ドキッとさせられる言葉ですよね。
(返す返す、単純ですみません)

で、最終回ならではのエンディングはちょっと変化をつけて、いつものダンスシーンにああいう風につながるわけですね。

私だけの感想をひとつ。
真矢先生をみてると、メリーポピンズを思い出します。
(ジュリー・アンドリュースの映画のやつじゃありませんよ。本の方ね。)

やっと見られた「女王の教室」のエンディング

2005年09月03日 23:16

先日、友人と「マンマ・ミーア」を観に行ったとき。

宝塚の話をしていて、友人の
「そういえば、「女王の教室」見てる?エンディングの天海祐希がものすごくかっこいいの」
との言葉。

ぜひ見たい~と思って、すぐにドラマにチャンネルを合わせました。
「うわ、きりっとした天海祐希むっちゃかっこいい~」
と思ったものの、物語がちょっと見てるのが辛い展開になってきたため、ちょっと他のチャンネルにして後でエンディングの時に戻そうと思ったら、案の定。

…終わってました。

そのあとも同じパターンだったり、忘れてたり。
今日初めてドラマの途中から見ました。

ひっつめ髪に黒い衣装もすてきだけど、髪をほどいた白シャツのダンス姿もええわ~。

ただ、一人でダンスだと思ってたら違ったんですね。
エンディング中、ず~っと彼女のダンスシーンだといいのに。

ひねくれ者と女スパイ

2005年08月19日 22:48

NHKのBS2アニメ夜話スペシャルで「機動戦士ガンダム」の特番をやってますね。

番宣で見たときはまいいかと思ってましたが、テレビをつけたらちょうど始まったばかりだったので、急遽録画しちゃいました。映画の部分はまたDVDでも借りればいいかということで、それ以外の部分だけ。

ちらちらっと見てただけだけど、錦織健さんの「永遠にアムロ」が聞けただでも、もうけものではないですかね。

名シーンということで、カイ・シデンとミハルのエピソードが映ってたのもうれしかったです。
私はシャアでもアムロでもなくカイがお気に入りだったし、テレビでも言ってましたが、ミハルが死ぬところの描き方がものすごく印象に残っています。誰にやられるというわけでなく、ただ爆風で吹き飛ばされるんですよ。思わず言葉を失いましたね。


じつは、本放送のラスト2話は、どうしても見ることができなかったので(当時はビデオが家にはなかったので)、カセットに録音(古い!)してました。
でも、ご存じのとおり、最終回ってモビルスーツを捨てたアムロとシャア直接対決の場面がほとんど(?)を占めていて、聞こえる音といえば

シューッ(移動の音)
「ちいっっ」
「うっ」
「させるかー」(…はなかったかな)

ばっかりで、全く話が読めなかった記憶が。

父にビデオ買ってとお願いしていたけど、「阪神が優勝したら買うたる」とのことだったので、この時には間に合いませんでした。(実際は優勝してから何年後だったかなあ)

タイガースで思い出したけど、赤星憲広選手の前の応援歌には「赤い彗星」って歌詞が入ってましたよね。それを聞くたびに「坊やだからさ」とつぶやいていたのは、私です。
また、家にあるものでちょっと毛色の違うものを購入すると、夫はよく「お、ニュータイプ」と言うんですが、それを聞いて一人でにやにやするのも私です。

でも、本当はガンダムについて語れることは少ないんですよね。(みてたのはファーストガンダムのみ)
モビルスーツもニュータイプも実はなんだかわかってなかったし、一年戦争がなぜ始まったのかも、なぜ終わったのかもよく飲み込めてません。

大人になってから見ると、もっとこの世界やテーマを把握できたのでしょうけど、そのチャンスが今までのところないなあ。
  

カテゴリーはTVでいいよね。   
最近見てるアニメといえば、「名探偵コナン」くらいですから。

どんでんは返さんでしょう

2005年07月31日 22:38

いったい何のCM?の、Apeosのサイトをやっとチェックすることができました。

なんだか訳がわからないものを示して、興味をもたせようという手法でしょうけど、今なら何人の人がネットで検索したことでしょうね。(私もそのうちのひとり…)

でも、富士ゼロックスさん悪のりしすぎですよね。Q&Aのページの最後の質問。どんでん返すの?はないでしょう。(ふふふ)

このCMの最初の頃のシリーズを見たとき、家では結構物議を醸しましたね。


    もしかしたら、大人のいじめ…。 (ノ゚ο゚)ノ


ただ、最新シリーズでは、知ったかぶりの三人目の彼の表情が今までとはちがいますね。
果たして?


クイズ王の恥ずかしい過去(?)

2005年07月22日 21:35

すっごい、懐かしかったです。

クイズ番組「謎を解け!まさかのミステリー」を眺めていたら、道蔦岳史さんの昔の映像がでてるじゃないですか。この番組に「三賢人」とかの一人として、最近(作家ではなく)出演されてるのは、知っていたのですが、「アメリカ横断ウルトラクイズ」の映像が流れるとは思いませんでした。
[クイズ王の恥ずかしい過去(?)]の続きを読む

BANANA FISH

2005年07月18日 21:52

今日は祝日ということで、ワイドショー系のテレビを見る機会に恵まれました(?)。
女優の小川範子さんが、TBSの演出家と結婚
って、ニュースがあったんですが。

小川範子31歳というのにも、びっくりしたけど(18くらいのイメージが…)、
やっと謎が解けました。

テレビのドラマのラストによく名前の出る「吉田秋生」さんっていうのが、ぜえったい「BANANA FISH」などで有名な漫画家「吉田秋生」さんとは違う人だろうなと思っていたものの、確かめる術がなかったのですが。

やっと、別人っていうのがわかりました。

あ~、すっきりした。




最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。